大口病院事件から組織的保険金殺人リングの行状を類推するコーナーです。

スポンサードリンク

大口病院事件から組織的保険金殺人リングの行状を類推するコーナーです。

大口病院のその後!2018現在の最新情報や犯人の正体は誰なのかチェック
2018年2月3日 2018年7月7日
https://shirewata.com/3694

以下、抜粋。

「横浜市神奈川区の大口病院で2016年9月、入院患者2人が相次いで中毒死した事件で、うち1人の男性(当時88)を殺害した疑いが強まったとして神奈川県警は、病院の看護師だった女(31)=横浜市鶴見区=を殺人容疑で7日にも逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材でわかった。」

「2017年 秋ごろ、財団法人と兼任していた保険代理店がスポンサーから降りている 12月に、事件のイメージを払拭する狙いで「横浜はじめ病院」に名称を変更した 事件後は入院患者の受け入れを停止していたが、現在は外来診療のみ行うようになった」

「あまり注目はされてないようでしたが、1番目の「保険代理店が大口病院から降りている」っていうの、もしかすると大きな出来事なんじゃないかなぁ……って思うんですよね。過去にあった「終末医療患者の保険金が目当てなのでは?」というウワサの裏付けにもなりそうですから。」

「ところで、大口病院が帰属する慈啓会の理事長新納憲司氏は、神奈川県医師会指定生命保険代理店「神医社」の代表取締役副社長を兼ねているとのこと。事件と因果関係があれば、相当ブラックな話になってくる。」

「また、大口病院で過去に起きていた怪奇現象(看護師と言い争いをした患者は、次の日に……という内容)を特集したニュースなどが、テレビではパッタリ途絶え、ネットでは業者によってほどんど削除されてしまったとする5chの書き込みも見受けられます。今にして思えば、大口病院のwikiが無い理由も、これが原因なのかもしれません。」

病院理事長主導の「終末医療患者」の保険金ビジネス。介護施設などで死にそうな収容者に保険をかけて、大口で看護師が薬物で殺す。保険金は、関係者で山分け。だが、この商売、朝鮮悪裏社会が関与しているため、なかなか表に出なかった。

なにやら隠蔽のための大きな力が働いている模様なので、そうなると朝鮮悪の関与、ありあり。これ、面白い話が噴出するかも。

今回、久保木なる看護師一人の犯行ということにして、もみ消し不能の数件の犯行のみ立件して、一件落着、事件収束狙いですか?朝鮮悪組織的保険金殺人リングの皆さん?

しつこくしつこく追及。

Source: richardkoshimizu official website

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です