どんぐりってうまいのか

スポンサードリンク
縄文ブーム、というんだが、縄文人と弥生人とは食料獲得のベースそのものが違っていて、そもそも居住環境が違う。縄文人は平地には住みません。山や海に頼る食生活なので、平地に住んでもしょうがない。縄文人も耕作していたという説が出ているんだが、少なくとも水稲栽培はしてない。平地で耕作する場合、水稲栽培なら水が養分を運んでくるんだが、畑作だと肥料を与えないと、どんどん土地が痩せていく。人糞を肥料にする技術というのは、中国に留学した僧から伝えられたので、縄文人は知らなかったはずだ。山の傾斜地だと、肥料を与えなくても、水とともに上から流れて来ますね。

平成も終わりに近付いているというのに、日本がにわかに「縄文ブーム」に沸いてやしないか。この夏に開催された東京国立博物館で開催された特別展「縄文-1万年の美の鼓動」には、当初目標の20万人を突破する35万人が来場。筆者も仕事も含め、会期中に7回足を運んだ。
 運ぶたびに人垣が成長し、終了間際の8月29日に行った際には、もう、何がなんだかさっぱりわからないほどの多くの人でごった返し、縄文時代の美しき生活道具の前にくぎ付けとなっていた。

日本には、渡来人である弥生人が住めない土地が多かった。弥生人は水稲栽培のできる土地しか興味がない。大きな川の扇状地とか、そういう土地です。もちろん、平地。なので、割と最近まで、「棲み分け」があった。そう簡単に、縄文が消えたわけではない。

参考リンク
鰻は何分蒸すのか?
伊豆の鰻は山葵で食べる


<山本実生商店>鰻白焼 約110g×2 4980円
お得な3匹パックもあります 6980円
白焼きです。そのまま日本酒をふり掛けてラップしてレンジで1分半で食べられます。蒸しは掛けてないので、あるいはお好みで、自分で蒸しを掛けて、タレを刷毛で塗って、自家製の蒲焼きを作るというのも楽しい。つうか、もともとここの白焼きは、料理店のために作っている「半完成品」です。専門店ではない普通の和食店では、この白焼きを仕入れて、自分の店風に仕上げて提供しているのだ。特筆すべきはそのコストパフォマンスの高さで、コレを買って自分でタレを付けて焼くというのが、今のところ、「もっとも旨い鰻を、もっとも安く食べる方法」だと思う。コレにも山葵が付きます。関東風に仕上げる場合、10分から20分の蒸し時間です。関西風の場合は、蒸さないでそのままタレを付けて焼いてもいい。


<山本実生商店>鰻蒲焼 約105g×2 5980円
お得な3匹パックもあります 8480円
注文生産です。注文を受けた分は、その翌日、早朝5時から割かれ、焼かれます。蒲焼きは関東風です。一度焼いて、10分蒸して、タレを付けてまた焼く。タレ付けは三度ほどです。焼いたその日に真空パックに詰め、夕刻発送します。入金確認があってから鰻を割くので、ご了承下さい。パックごとお湯で温めるだけで、すぐに食べられます。なお、せっかくの三島の鰻なので、本物の山葵を付けました。山葵で食べる鰻というのも、一度試してみて下さい。

なお、「注文生産」です。入金確定後、翌日焼いて発送します。文書扱いの郵便振替などの場合、入金確認が数日遅れる事があるので、ご了承下さい。

豆州楽市がお届けします。

ピラミッドが建った頃縄文人はどんぐりうめぇw カエサルが「Et tu, Brute?」と言った頃どんぐりうめぇw、というわけで、例によって2ちゃんねるでは無責任なネットすずめたちがピーチク騒いでおります。ニュース速報板からです。

———————–
どんぐりってうまいのか
———————–
↑椎の実は美味い
ほかはアク抜き必要
だから日本全国に椎の種が撒き散らされて椎茸が一般的になった
———————–
↑やっぱり栗の方が旨いという認識だったらしく、集落の近くに栗の木生やしてた(原始的な植林してた)らしいぞ
———————–
日本一国では仮に十万年かけてもまともな国家すら生まれない事を証明したのが縄文時代
アジア人だけでは何万年かけても中世から脱却できないことを証明したのが大航海時代~19世紀にかけてのアジア情勢
全人種中最も高いIQか知らんが創造性がゼロだから既存のものでしか発展できないw
———————–
↑そもそも発展する必要なんぞ無かったのでは?と最近思うがね。
———————–
どんぐりって主食なのか?
———————–
↑くるみとか栗とかも食べてたよ
———————–
移動手段が発達した現代と違って、海で隔絶された大昔の島の文化水準が低いのは当たり前
———————–
↑そう見えて、海洋渡航技術はやたら高かったようだ
多分丸木舟カヌーに干物乗せて無謀な航海に出ただけっぽいが、南方の島とかエクアドルかなんかに縄文土器発見なんていうからのう
———————–
↑翡翠とか黒曜石を交易品としてたらしいな
———————–
↑千葉と神奈川は普通に近所付き合いっだった
四国と千葉は遠いけど行き来があった
———————–
生きる為の資源が豊富だったお陰で馬鹿なままの原始生活長かったんだろうけど
逆に人口爆発も特にないのもあって乱伐しなくて済んでエジプトや
中東みたいに荒野にならなかった事は幸運だよな
———————–
ブルータス「どんぐりうめぇ!」
カエサル「ブルータス、、、お前もか?!」
———————–
↑おいwww
———————–
いやカエサルの頃はもう「米うめえw」だろ
———————–
どんぐりは砕いてから流水にさらして灰汁を抜き、それから加熱して食べよう
———————–
縄文人は、氷河期で死滅した旧人類の生き残り。
それに大陸や南方からきたのと縄文人の交配が進んだ結果が今。
縄文人DNAは、D遺伝子をもち、どこから来たかわかってないが、日本列島にいた土着旧人類だよ
———————–
ちなみに、ドングリより魚介類を多く食べていた海洋民族に近い
山にいた山岳集団もいたが、資源は魚介類のが豊富。
千葉には、フグ毒で死滅した一家の縄文人遺跡も見つかってるし、
カツオを縄文人から食べてる
———————–
縄文が豊かすぎたが故に、縄文時代もまた長すぎた
縄文の人々は、「足るを知る」を知っていたのだろう
戦乱に明け暮れていた国を治めた卑弥呼と台与の邪馬台国から天皇を頂く王化と征服の大和、大陸や半島から稲作や鉄器が渡来するとともにまた、より苛烈な血と戦乱をも渡ってきた
———————–
そんなことよりGHQ占領下でも畑にウンコ撒く農法だったから寄生虫で生野菜が食えなかった日本
日本産野菜のサラダで寄生虫食らったGHQがあきれ果てウンコ撒くの禁止したレベルの未開国家
———————–
ピラミッドってあれ人間が作ったもんじゃないだろ
普通に考えてあんなもん今の人類にも作れねーよ
———————–
↑中世のヨーロッパの人間もピラミッドやローマ建築を人間が作ったと信じられなくて悪魔の仕業だ!とかいって貶してた
お前の頭は中世で止まってるんだな
———————–
槍で突かれたとかそういう殺人があった遺骨がほぼ見られないって話だからなよっぽどうまく自治できてたんだろうな
———————–
ピラミッドが建った頃てまた曖昧なことを…
あいつらだって、
エジプト新王国「ねぇねぇなんかコレずっとあるね。」って砂に埋もれたスフィンクス掘り起こしたのにさ
———————–
縄文人やネアンデルタールは人殺しの道具を持っていなかった
縄文は防衛のための環濠集落も必要なかったのですべてオーブン集落
———————–
「Et tu, Brute?」
訳「ブルータスお前もどんぐり食うか?」
———————–
国譲りのオオクニヌシとかモロ縄文人だから
争いごとが嫌いなのは確か
大陸から変なバカが来たなーとしか思ってないよ
———————–
馬鹿 「ピラミッド凄いっ!カエサル凄いっ!」

別にオマエの手柄じゃねえだろ
———————–
どんぐり、無いんだけど
探したんだけどもう無い…
俺、この冬死ぬわ多分
———————–
↑公園に植えてる排水溝つまらすぐらい鈴なりで成る大きなドングリは旬が9月上旬
今の時期は小さな椎の実かな
リス、ハム飼ってたときはよく拾いに行ったわ
———————–
でも争いもなく何千年も畑とか作物育てて狩して平和に暮らせたらしいやん
———————–
食うもんは海とか山から拾って来ればよくて雨降ってたら家で土偶作ってりゃいいんだから楽しそう
今より人生充実してると思う
———————–
↑縄文人はほりが深かったから美男美女揃いだったし性に対してもおおらかだったから
———————–
日本は島国で本当に良かったとい事やな
もうずっと平和な世界だったんだろう
競合するtry人がやって来て、競争原理を持ち込むまでは

争いや闘争心が知力を高め、文化や技術をハッテンさせるからな
———————–

食料を大量に作って蓄えるという事をしなかったので、縄文人には戦いも必要ない。いくら敵を殺したって、それで食料が得られるわけじゃないんだからw それが、大量の穀物を備蓄するようになると、その奪い合いが始まる。中国でもそうで、そこで負けて日本に逃げて来た連中なので、水稲栽培とともに戦いをも、持ち込んだ。

———————–
ローマはほんと異常
2000年前にすでに100万人都市で普通の人が5階建ての中庭付きアパートに住んでた
———————–
イタリアはローマ滅亡後千年以上統一国家出来なかったくせに~
———————–
国力的にはローマの最盛期より同時代の中国の方が3倍位は上と聞いた
———————–
↑マルクス・アウレリウス帝の頃に中国は紙と絹の製造技術を持ち超ハイテク国家だった
———————–
楽な狩猟採集を辞めて、面倒臭い農耕社会に
早々と移行した文化すげえとか馬鹿かよw
縄文みたいに長々と持続出来た文化も凄いよ
———————–
↑レヴィ=ストロースの野生の思考
———————–
カエサルがそのセリフを言った頃ピラミッドは既に古代文明の遺物だったからな
どんだけ古代なのかと
———————–
中国:赤壁の戦い
日本:米うめぇwwwww
———————–
確かその頃、呉の海軍が日本方面に兵隊狩りに出て
辿り着けずに全滅したんだっけ。

その200年後には、逆に日本が朝鮮半島にたびたび出兵。
さらに200年後には唐・新羅に大敗して朝鮮から完全撤退するけど、唐も更に追い打ちかけて、日本列島まで攻め上がる事までは出来なかったから
動き続ける時世に素早く対応する程度には、順調に発展してたんじゃないの?
———————–
文字がない時代でも、交流の記録は辿れるぞ
黒曜石の取引とか調べると面白い
専用の採石場、加工場、そして取引があったわけさ
文字がなくともコミュニティが複数存在して、利害関係が一致すれば、商取引が起こる
もちろん武力衝突や吸収、分裂様々あっただろうけどね
———————–
農耕→エデンの禁断の果実やで
これ豆な
———————–
縄文人は漆塗りを発明したぞよ
———————–
その頃、東北では古代文明が栄えていたから
カタカムナ文字や東日流外三郡誌に書いてあるよ!
———————–
↑津軽外三郡誌は一人のおっさんが捏造した事を地元紙記者がまとめた本が出ている
隣に住む従姉妹が嘘だって言っていたのに専門家(笑)が騙されて自治体はもとより海外にまで飛び火した
青森の個人が無駄な努力で作り出した負の遺産というか残骸
———————–
どんぐり食べたイノシンは美味いらしい
縄文人は牧畜すればよかったのに
———————–
↑猪は飼ってた
———————–
↑中国では猪を豚になるまで何代にも渡って飼って家畜化したが
縄文人は狩猟で仕留めた猪の連れてた子供が大きくなるまで飼ってそれを食べるぐらい
出土した骨は豚ではなく猪のもの
———————–
ドングリは冬の間の食料だった、一年中あるわけじゃない
魚は寒くなると水温の安定した深場に移動する、つまり採りにくくなる
なんてことも知らないバカが湧いてるのな
———————–
1402年の日本
 足利義満が明に使者を送り日本国王と認定される
1407年のイギリス
 課税法案に対する庶民院の先議権が確立する
———————–
娘の自由研究手伝って大森貝塚とか行って縄文時代一緒に調べたけどなかなか凄い奴らだと思った
どんぐりも粉砕して団子作ったり山菜だってアク抜きしたりとかなりのグルメ集団
どこぞの民族と違って犬は食わなかったらしいな、ペットというか猟のパートナー的存在として飼ってたそうだ
———————–
中国で火薬は発明されたが結局中国人が重火器で世界を制する事は無かった
技術の秘匿と発展は大事だな
ていうか800年代に既に火薬を発明していたのに
なんでその400年後にモンゴル帝国に負けるんだ~?
———————–
縄文人は土鍋の煮込み料理食ってたけどな
———————–
ピラミッド建てるのとドングリ食ってるの
どっちが幸せな人生なんだろか
———————–
↑ドングリも食べてたというだけで
主に猪鹿魚貝などを食べてた
取るのが簡単だから貝と魚がメイン
エジプト人より食生活は豊かだったかも
———————–
日本人は意識しないと創造性もなく同じ社会を続けてしまう
むしろ過去への回帰すらしようとする化石民族性があるからな
今でも過去への回帰を熱望するような愚かなジジババがわんさかいる
少し前は老い枯れとかいうのを糞メディアが流行らそうとしていた
江戸しぐさとかいうのもそうだ
伝統文化だのそんなのばかりもてはやされている土人的感性から脱却しないと未来はない
新しい価値観、新しい社会、新しい文化を創造していかないと土人に逆戻りだ
———————–
↑レヴィストロースの野生の思考って知ってる?
ちょっと前に流行った構造主義という記号論の方法で、未開と言われてる社会にも文明と言われてる社会に匹敵するような精緻で合理的な思考があることを論証した代表作なんだけど
これを読むと文明は時間を経て開かれたものに発展していくのではなくて
昔の縄文人が現代人に劣っているどころか優れてるんじゃないか
と思うようになる
———————–
日本人のルーツ発見!”核DNA”が解き明かす縄文人 (サイエンスZERO)
https://www.youtube.com/watch?v=-Mv18BLpnvw
福島県三貫地貝塚の人骨から初めて解析された縄文人の核DNAの成功を受けて、次々と縄文人骨の解析が進められています。
青森県の遺跡で発見された人骨からは、核DNAの8割もの配列が読み取られました。
その結果、日本人のお肌の悩みと縄文人の体質に深い関係があることが分かったのです。

ポーラ化成工業の本川智紀さんは12年前、16番染色体のMC1Rという領域にあるシミになりやすさに関係する遺伝子を発見しました。
シミになりやすいシミ型遺伝子か、通常型かはMC1Rの一か所の塩基配列の違いで変わります。日本人の多くはA、一方シミ型遺伝子を持つ人はここがGになっていたのです。
日本人のシミ型遺伝子を調べたところ本川さんは不思議なことに気づきました。シミ型遺伝子を持つ人が東北や北海道、九州に集中していたのです。
現代の日本人は、縄文人と渡来系弥生人の遺伝子(体質・特徴)を受け継いでおり、その比率は人によって異なると考えられています。
そこで現代人において、縄文人の特徴と考えられている項目(表1)を指標として「縄文スコア(1項目1点として合計最高8点)」を求め、シミの関係性について解析したところ、縄文スコアが高い(縄文人の特徴を多く有する)現代人は、シミのリスクが高くなる事が明らかになりました。

鼻骨高さ 長い
立体的な顔立ち 左右平均値が長い
鼻下長さ 短い
目の大きさ 左右平均値が長い
目の特徴 両目とも二重
ウインク 両目とも唇の形を変えずにできる
耳垢 「しっとり」
髪 「くせ毛」・「ややくせ毛」
———————–
研究1.遺伝子解析研究~縄文人はシミ型遺伝子を持つ日本人におけるMC1R遺伝子を解析したところ、以下の特徴があることが分かりました。
①「シミ型」と「通常型」では遺伝子的に大きな違いがある
②日本周辺部出身者(九州・東北・北海道)で「シミ型」が比較的多い一方で、縄文人と渡来系弥生人に関する研究においては一般的に以下のことが分かっています。

①縄文人と渡来系弥生人は異なる起源を持つ集団であり、別々に日本に入ってきた
②日本周辺部(南九州・東北・北海道)に縄文人の遺伝子が比較的多く存在している
以上のように「シミ型」遺伝子と縄文人の特徴が一致しました。

さらに現代の日本人の遺伝子において、「シミ型」の存在比率と縄文人の遺伝子の存在比率の特徴が似ていることから、「縄文人はシミ型の遺伝子を有していた」という仮説を立てて国立科学博物館、山梨大学と共同研究を行ったところ、
1.縄文人の遺伝的背景が強くなるにつれて「シミ型」遺伝子を有する比率が高くなること
2.縄文人は100%、「シミ型」遺伝子を有することという結果が得られました。

*共同研究者:
篠田謙一先生【国立科学博物館】、馬場悠男先生(名誉研究員)、神澤秀明先生、安達登先生【山梨大学大学院医学工学総合研究部】
———————–
カエサル「賽は投げられた…でもどんぐりうめぇ!」
———————–
俺と甥、テレビで古代ギリシャのソクラテスなどの哲学者が取り上げられているのを見ながらの会話
甥 「これ、日本はなに時代?」
俺 「縄文時代の終わりごろから弥生時代の始めごろかな」
甥 「その頃の日本の有名人って誰?」
俺 「・・・」
その発想は無かった
———————–
↑神武天皇だよって吹き込んどこうぜw
———————–
ピラミッドの頃というと縄文中期だがもうドングリは卒業してクリ食ってた
というか主食は魚や貝で人口のほとんどが海岸沿いに集中していた
カエサルの時代には大規模な稲作が普及していて美味いコメ食ってた(北日本の蛮族は除く)
———————–
日本語はどっから来たのかってことだよな。
世界に類似のない特別な言語だよ。
漢字や仮名は後付けで本来の発音は縄文時代からほとんど変わってないと思える。
いったいどこから来たのか。
———————–

日本語の文法は、そのルーツを北方シベリアに持ち、基礎単語の語彙は南方にルーツを持ち、水稲栽培に関する単語だけは中国南部にルーツを持っている。まぁ、ハイブリッドのピジン語ですね。

ピジン言語(ピジンげんご、Pidgin language、または単にPidgin)とは、現地人と貿易商人などの外国語を話す人々との間で異言語間の意思疎通のために互換性のある代替単語で自然に作られた接触言語。
英語と現地の言語が混合した言語を「ピジン英語」といい、英語の”business”が中国語的に発音されて”pidgin”の語源となったとされている(諸説ある)。
例えば、”Long time no see.”(「お久しぶり」)は明らかに英語の構造を持っていないが、それなりに意味が伝わる(インディアン・ピジンAmerican Indian Pidgin Englishの一例)ので多用されている。

今まで、日本語のルーツ論議というと、最初に自分の好みの結論を設定しておいて、そこにムリヤリこじつけるみたいなのばかりで、それではどこか矛盾が出てくる。常に、新しい説が出ては消える、という動きばかりだったんだが、統計学とか駆使して科学的に分析すると、「多方面からの混交言語」だとしか言いようがない。

Source: ネットゲリラ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です