青木兄弟商会

スポンサードリンク
_DSC3936.jpg
_DSC3940.jpg

今も「青木龍山清高工房」として残る、有田焼の名門です。明治14年から盛んに輸出磁器も作っていた。

廃藩後、明治14年、私の曽祖父青木甚一郎は、外尾山の共同窯の権利を買い取り、弟の栄次郎と共に、青木兄弟商会(あおきけいていしょうかい)を立ち上げました。「かくあお」のブランドで、国内外向けの日常品から貿易用の美術品までを手広く手掛け、神戸に、貿易を主とした支店もその頃作ったと言うことです。その後の事業は、俊郎と祖父重雄(滋雄)兄弟に引き継がれました。

「大日本肥前 有田青木製」「の銘は、輸出磁器に使われていて、こちらにも紹介されてますね。現代物だと言っても通用しそうなデザインの文様で、飽きの来ない良いデザインですね。

Source: ネットゲリラ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です