講釈師、見てきたように嘘をつき

スポンサードリンク
歴史と歴史学とは違う、というんだが、一般人が思い描く歴史というのは、多分に歴史小説に影響されていて、史実そのものではない。これね、昔からで、歴史小説の前には「講談」というのがあって、「講釈師、見てきたように嘘をつき」という言葉があるんだが、その典型が真田十勇士です。

「ヒーローとしての真田幸村」の登場は、寛文12年(1672年)に書かれた軍記物『難波戦記』である。江戸後期には小説『真田三代記』が成立し、真田昌幸・幸村・大助の三代が徳川家に対して奮戦するストーリーが人気を博した。この『真田三代記』において後に十勇士と呼ばれる人物や、似た名前の人物が多数登場し(同姓の人物も含めると、猿飛佐助以外の人物がこの時点で登場している)、「真田もの」の講談の流行によって、真田主従は民衆のヒーローとなった。明治後期の講談は神田伯龍『難波戦記』(1899年)などの口演速記本が書き残されている。講談師たちは『真田三代記』にはない忍術つかいの「猿飛佐助」[1]を生み出し、「霧隠才蔵」ら真田家の英雄豪傑の物語を膨らませていった。

1911年に大阪で発刊された立川文庫は、講談師玉田玉秀斎らが中心となって講談を読み物として再編集したもので、その後の大衆文学に大きな影響を与えた。

忍術ブームというのも、明治時代ですね。ちなみに「講談社」というのも、元は文字通り、講談の速記本を出版していた会社です。歴史小説の前には、講談というのが同じ役割を果たしていた。庶民の娯楽です。

 維新史が専門の青山忠正・佛教大教授は「例えば幕末の志士・坂本龍馬は、一次史料からは『薩長同盟の仲介者』というより、『薩摩藩の利害を代弁するエージェント』で、薩長同盟も倒幕軍事同盟とまでは言えないのに、歴史ファンという人たちの中には、かたくなに信じようとしない人もいる」と指摘します。

で、信長は全国統一を目指してなかったとか、秀吉の朝鮮出兵は、アジアに進出して来たスペイン・ポルトガル勢を追い払うためだったとか、天草四郎は架空の人物とか、まぁ、色々あるんだが、何といっても最近話題なのが、坂本龍馬だなw イギリスのスパイだった、とか、グラバーの抱えていた情報屋だとか、まぁ、コテンパンですw 吉田松陰も、最近の評価ではもっぱら「テロリスト」だな。ちなみに吉田松陰が下田で密航しようとして捕まり、江戸に送られる時に、江川太郎左衛門がニアミスしているんだが、もしかして囚われの吉田松陰に江川太郎左衛門が深夜、会いに行っていたのではないか? という人もいて、そこら辺を膨らませると、歴史小説が一本、書けるかも知れないw 新選組は江川太郎左衛門が作ろうとしていた近代的な軍隊組織がベースになっていて、だから、武士ではなく、農民、町人が参加している。近藤勇は、江川太郎左衛門の孫弟子にあたる人物です。江川太郎左衛門は開明的な人物で、ペリー提督との交渉にも立ち会っているんだが、アメリカの「民主主義」を現地で学んで、日本もそうした新しい体制を作ろうという主旨の文章を残している。韮山の江川邸には、未公開の貴重な文書がたくさん残されています。多分、薩長政府より、徳川体制のまま変革した方が、日本はマシだったと思う。

本年産、入荷しました!

 980円(税・送料込み)
<夏摘みティーバッグ35回分 牧之原マルキョー産 2018年夏摘み茶使用>

こだわりの超深蒸し茶です。豆州楽市オリジナル商品。熱湯でも淹れられ、水出しも可。用途の広い便利なお茶です。マグカップにポン!と放り込んでゆったりとティータイムを楽しめる、お一人様専用、無駄のない常用スタンダードです。

本年産の夏摘み茶、発売開始!


<マルキョー>夏摘み茶 上 500g 1800円(送料・税込み)
価格の安いリーズナブルな夏摘み茶です。夏摘みらしい、パンチの効いた苦味が特徴で、水出しでも美味しくいただけます。ドン!とお得な500gでの販売です。ぬるま湯で淹れると、苦味が抑えられて、スッキリと飲みやすいです。旨味もあって、色も夏らしい緑色。熱湯でも淹れられるし、水出しでも淹れられる。使い勝手の良い、便利で美味しいお茶です。

豆州楽市がお届けします。

【歴史】「朝日新聞に抗議をしないのか」 坂本龍馬、吉田松陰、縄文人…歴史と歴史学は別物?イメージ固執のファンに苦言も、というわけで、例によって2ちゃんねるでは無責任なネットすずめたちがピーチク騒いでおります。ニュース速報板からです。

———————–
歴史は水物
———————–
歴史ブームってあれだろ
信長やら幸村やらみんな美男子にしたゲームやら薄い本のことなんだろ
———————–
北条早雲も低い身分から身を興した乱世の梟雄だったのが、いまや名家のボンボンで正義を為すために外道に堕ちるマンだからな。
———————–
日本人が好きなのは歴史観じゃなくて司馬史観
———————–
偉人は革命の度、忙しくなる。
英雄に祭り上げられたり、罪人になったり。
———————–
イメージは変わることもある
性別すらも
———————–
グラバー邸にはフリーメイソンのマークがあるが
坂本龍馬を歴史から消さなくてもいいだろ
———————–
東大の本郷先生かー 
山本勘助は軍師ではなかった 信長は天下統一など目指してなかった とも言ってたな
———————–
西郷どん見てた婆ちゃんが、喜びのあまり川に飛び込む侍を見て
「馬鹿げた表現だ、着物は大切だから川なんぞにめたらやったら飛び込まん」
とアホみたいな演出にうんざりしてた
———————–
↑女の絹の着物のことを言ってるんだろうが
当時の下級武士がそんなもん着るわけがない
着たきりで表現されてるが木綿か麻の織物だわ
いまだって着慣れた女なら洗濯機で洗う
———————–
↑江戸時代の下級武士やら庶民はもっぱら古着を購入していた
しかも何着もあるのではない。古着は傷んでる部分があるため
乱暴な着方をせず、洗う作業も素材の種類を問わず丁寧だよ
いくら嫁が家事が仕事という概念が昔にあろうが
無用な事で乱暴に衣類を汚したり穴を開けてくる旦那衆に
嫁も切れるわ。そういう事をお婆さんは言いたかったんじゃないのかな
私はあなたがバカ過ぎると思うけど
———————–
まあオレ的には、坂本竜馬なんてただの死の商人だからな。
単に商品を売りたいがために薩摩と長州を組ませただけ。
作家の創作に感化されたバカが持ち上げてるだけの話。
———————–
勝海舟のホラ話をバラしまくったのは福沢諭吉。
その結果、直接的な自慢話が出来なくなった勝がひねり出したのが龍馬。
———————–
北条家は豊臣秀吉憎しでアゲアゲな気もする、メディア人的に
秀吉に逆らった奴はメディア人の覚えめでたい傾向有る
———————–
太宰治はそのまんまイメージ通りの人
———————–
日本全国に乱立してる慰安婦像と同等に汚らわしい坂本龍馬の像を全部撤去しろ!
ついでに明治の偉人とか云われてる腐れ外道どもの銅像もな!!
———————–
維新が無くてもそんなに今の世の中は変わって無いだろ
開国した徳川幕府の世の方がまともな現代になってたかも
———————–
安倍みたいなアホが、くだらないものを世界遺産にしたりするから間違った歴史が残るのよな。
誰も、長州の遺産なんかほとんどの奴興味ないわwww
———————–
吉田松陰は弟子が活躍したから教育者として有能なのであって
職業が何かといえば革命家だよな
———————–
テロリストだよ
———————–
母親は坂本龍馬なんて学ばなかったそう
ここ最近だっつってた
———————–
↑お前のかーちゃん、教科書読まなかったか、読んでも忘れたっぽいな
———————–
一介の脱藩浪人が何であれだけ顔が広かったのかの方が知りたい
———————–
秀吉が悪者にされる1番の理由は
徳川家康が絶対正義の存在だからだろうね
秀吉=西軍側=悪者って構図になるんだろう
実際の行いからすれば織田信長の方が秀吉以上に悪人なんだが
———————–
松陰がテロ先導しようとしたのは確かだからな
当然教え子も攘夷思想刷り込んでいった
———————–
だいたい吉川英治のせい
———————–
大体直近の昭和平成の極近代史ですら曖昧なものあるからな
———————–
野口英世もただのトラブルメーカーだしなw
———————–
客観的に見ると
日本人に武士の精神が根付いてるって発想はおかしいよね
だって国民の8割は農民だったわけでしょ
最近はむかしの日本人の心を取り戻せって言う人多いけど
それは畑耕せってことになるんだよね
バブル期の日本が日本史上最も成功してた時期で
そのころに2度と帰れないからみんなでいじけてるだけにしか思えないけどね
———————–
↑明治維新と共に元農民達も武士の精神が引き継がれて行ったそうだ
———————–
↑都合よくそういうことにされてるよね
———————–
↑精神ってそんなもんだからね。後年の教育でしうなる。本人らがそれをどこまで心酔してるかって話
侍の子孫だからって侍でもないやつが侍の精神を持ってるわけないし、わびさびなんかも茶人の庶民にあるわけないんだからみんな都合のいいことになっちゃうのよ
———————–
むしろ弥生時代の方が滅茶苦茶なイメージ流布される感じだがな

やれ日本のすべては渡来人が作った
やれ渡来人が日本の支配者だった
やれ渡来人が縄文人を滅ぼして日本を征服した

だの
わけのわからんイメージをやたらと吹聴してる奴がいる
———————–
歴史小説を嫌いな人のほうが歴史学者に向いてる
———————–
農民と武士の階級が完全に分かれたのは江戸時代じゃ無いの?
戦国時代以前は余程位が高い武将を除いて普段は農作業してたんじゃなかったっけ?
———————–
↑だからこそ信長は兵農分離をしました。
———————–
新聞の記者だった司馬遼太郎の書いたフィクション小説のせいで、坂本龍馬の人物像は完全に過大評価されてるよね
(´・ω・`)
———————–
↑ついでに乃木はけちょんけちょん
———————–
萩市民ですが松陰先生はマジキチマッドサイエンティスト系の革命家とは思う
ただもちろん根っこは教育者だぞ
———————–
坂本龍馬は、薩摩藩が抱えていた使いっ走りの一人。
そういった内容の番組を昔、NHKでやったぞ。
———————–
五代才助「松陰の本質は商人でごわすよ?」
———————–
坂本龍馬について言われてることが、いまいち信用できない

それ、司馬遼太郎の作り上げた虚像じゃねえの?
それを武田鉄矢が広めただけじゃねえの?と・・・
本当に言ったのかね?日本の夜明けぜよぉ!とかw
———————–
↑元々は福沢諭吉にことごとく自慢話のウラをばらされて恥をかいた勝海舟が、福沢の知らないスゴい弟子の話として持ち出したのが最初らしい。
———————–
今なんかまだマシだよ。戦前の庶民とか、真田十勇士とか普通にみんな信じてたろう。
無邪気なモンだよw
———————–
実は前方後円墳の仁徳天皇陵は世界一ではない

まず、墳墓の大きさは世界的には積載量で決まる
これだと仁徳天皇陵は国内で2位、1位は応仁天皇陵

次に面積、世界的には墳の大きさで計るのではなく墓に併設された専用の神殿、埋葬品の範囲までを図り大きさとする
これだと仁徳天皇陵は始皇帝陵の10分の1もなく世界規模では小さい

なんとか世界一の部分を自慢しているだけの状態
故にあれ世界的な観光資源としてはハンパ過ぎるんだよ
日本人の多くが世界一と誤認しているだけ
———————–
清盛は色々言われてるが京の町がかなり荒んだ場所なのは本当だろう

だって宮中の軒下で普通に浮浪児の頭部とか見つかんだぞ?w
人のバラバラ死体とか当たり前のようにそこらにある
宮中から下がる朝廷の高官が真昼間に普通に強盗の襲撃受けたり

北斗の拳かよと
———————–
旅順の乃木は、海軍から観測地点を早く奪取しろと矢の催促を受けていたらしいから、
力攻めは已むをえなかったんじゃないか?
塹壕戦では簡単に攻めれない
———————–
↑あの時期は防御技術が攻撃技術を上回っていたから、力攻めで大量の死人が出るのは避けられない。
それが引っくり返るのは第一次世界大戦の緒戦で日露戦争の比じゃない数の死人が出て、各国が防御陣地の攻略に頭をひねってからの話。
イギリスは戦車を発明し、ドイツは浸透戦術を発明した。
———————–

清水次郎長は「海道一の大親分」とか言われて、今では偉いヤクザだと思われているんだが、その当時から清水港のヌシは海鮮問屋の「鈴与」で、次郎長はその下で人足を出していた沖仲仕の親分です。それが何故、あれだけ有名になったのかと言うと、晩年、次郎長が養子にした人が「東海遊侠伝」という次郎長ヨイショ本を執筆し、それを講談の三代目神田伯山が講談にし、更にそれを浪曲の二代目広沢虎造が浪曲にして、一世を風靡したから。おかげで黒駒勝蔵はすっかり悪人にされてしまったw まぁ、歴史は作る物であって、「お話」ですw

斬った張ったの殺戮が繰り広げられるヤクザの抗争に過ぎなかった次郎長の実際のエピソードを、「見てきたようなウソを言う」講釈師の基本的性格を遺憾なく発揮して、日本人好みの義理人情に厚い痛快な話に塗り替え「次郎長は正義」という人気の読み物に変えたことに功績があるとされる

日本人は昔から、武士とかヤクザとか、暴力に生きる非日常的なキャラが好きで、庶民は暴力とは無縁の、変わり映えしない日々を送っていたので、憧れたんだろう。

———————–
あの社旗で抗議が来ない方が不思議だわ
どこから?なんてのは無粋な話
———————–
↑日本を戦争と破滅に追い込んだのは大政翼賛会の報道部会を仕切った朝日新聞だからね。
———————–
↑ほう!
———————–
↑マスゴミが愚民を煽って軍部の背中を押させたのが日本の戦争の原因。これは当時の新聞や映画、ラジオを見ればわかる話。
大政翼賛会の中核はNHK・朝日・東京日日(毎日)・同盟通信(共同・時事)で、こいつらがゼニ儲けのために戦争を煽った。
ちなみに政府側で統制を仕切ったのは内務省だが、これは今の電通。
———————–
大河の考察してる人の話を聞いたけど面白かったよw
歴史家として考察に参加してるけど、
テレビ側の見せたい演出と対立してしまう場所があっても認めざるを得ない時があるとか
で、後になって同僚に「なんであんな滅茶苦茶許したんだよ」と怒られるとw
舘ひろしの信長が本能寺で鉄砲乱射するシーンは止められなかったとかw
———————–
↑大衆受けする画像撮るのも大事だぞ
それを考えないから中国や朝鮮の時代劇に負けるんだよ
———————–
龍馬はグラバーたちの犬
でなければほとんどの藩が資金繰りに苦労していた中での豊富な資金の説明が付かない
———————–
↑グラバーは戊辰戦争で、勝海舟の無血開城で鉄砲がダブついて破産した。
資金は琉球貿易の薩摩が出したんだろう?
———————–
世の中には大河の内容を真に受けて史実だと思っちゃう馬鹿もいるんだよ。
うちの母親みたいに。
———————–
今でも残ってる城を演出のために炎上させてたシーンを止められなかったという話も笑ったw

ご当地から当然怒りの抗議が来たそうだ
「今残ってるのって後で再建したものなんですか?」
と聞かれて困るとかw

そりゃ怒るわw
———————–
藤原氏とか教科書しか読まないとただの権力闘争してる眉なしだけど、
資料を読むとかなり面白い変なおっさんの集まりなのが分かって楽しくなったりする
要はいろんな見方をした方が多面的なものが見えて新しい発見があるよと
———————–
↑平安の貴族も実務能力ないと務まらない仕事だよな
———————–
↑上の方はさすがに「何もせんでいい」だろw当時の土地支配権は重層的だから、実務は下々が全部やってくれる。
いわゆる平安貴族上位層は、従来の通説通りでいいと思うよ。
「平安中期になると、政治とは何なのか見えなくなる」という小学社会科以来の通説でいい。
ただ、連中は、俺らの今のイメージよりずっと粗暴だったらしいけどね。
———————–
平安貴族の仕事は儀式に参加すること

膨大な量の作法と儀礼と服装と儀式次第を全て覚えてこなす
その段取りもやる
気が狂いそうなくらいの量
少しでも間違えたら物凄い非難される
一斉に日記で陰口書きまくられて広まる

SNSイジメかと
貴族も大変だ
———————–
つか歴史の評価なんてその時その時に変わるから

信長は戦前は朝廷と幕府を守った保守の偉い人
秀吉、淀君下げは江戸時代の幕府の都合
家康をタヌキの小物扱いは明治政府の都合
日本の歴史を全て外来の猿真似とか言い出したのも戦後の都合
信長が改革者とかいう話も戦後

要はその時の政治やら社会やらが都合よく歴史をゆがめてるわけよ
その背景を知るとそれはそれで面白いが

最近じゃ歴史上の人物はみんな美少女かイケメンになる
———————–
秀吉 天下人になったんで 家康の記録を信長に上書きしちゃろ
家康 天下人になったんで 秀吉の記録を信長に上書きしちゃろ

信長 なんかワシ すごい偉人になっててワロタwwwww
———————–
源義経、坂本龍馬はウリナラファンタジーに近いものがある
———————–
吉田松陰がテロリストなのは事実ですし
これは朝日を支持するわ
———————–
坂本龍馬も吉田松陰も存在じたいが有害な人間の屑だし
———————–
信長なんか侍女がみかんの皮かたづけ損ねたのに腹を立てて全員撫で切りにしてて
「信長様が<また>お狂いなされた」とか信長公記に書いてあるのに
信長が実は優しかったとかバカジャネーノとしか言いようがない
———————–
それよりバカネトウヨの南京大虐殺もみ消しや、従軍慰安婦揉み消しを問題にしろ。
右翼団体恐れて事実が言えない歴史学者が何を言っても腰抜けの戯言にしか聞こえない。
———————–
そもそも坂本龍馬は外郭団体でビジネスやってた社長みたいなもんで維新に対して大きな功績なんかない
そういう「維新の影の立役者」的なイメージ自体明治以降にできたもの。なので未だに墓は京都にある
(わざわざ田舎に返して墓を作るほどでもなかったんやな)
———————–
より合理的な説が出てきたりして採用される
そう考えると歴史も科学も根本は似たようなもんだな
———————–
安倍の山口県と麻生の福岡県は韓国船で
朝鮮人大量に輸入してるんだから
臭くて当たり前だよ
———————–
坂本龍馬はただの武器商人
新撰組はテロリスト

ちゃんと真実を教えてやれよ
———————–
↑いや、武器商人の使いっ走りだろ
———————–
↑新撰組は警察の対テロ重武装部隊だろ
———————–
↑雇用されているの薬屋とか百姓とか職無しのビンボー人ばっかりじゃん。
———————–
まあ今からは西郷どん見てあれ信じる人が出てくるわけで。
半島の捏造歴史感を笑えないw
———————–
天草四郎が架空の人物だと魔界転生が成り立たない
———————–
信長は宣教師にそそのかされて中国攻めようとしていた。
それを隣で聞いていた秀吉も。
———————–
坂本龍馬の財源て何なの?
歴史を調べてもいきなり商船を買ったとか鉄砲を大量に買ったとか出てきちゃうんだけど脱藩浪人がそんな金回り良い訳ないよね。
———————–
吉田松陰テロリスト説は確かにある意味間違いじゃないけど
長州で幕末の志士を育てた教育者であり思想家であるとして町おこしに使っている
地元・萩市にとっては都合が悪いし

赤穂浪士は浅野の逆恨みとそれに加勢したDQNの狼藉で、吉良殿はとんだとばっちりというのが最近の見解だが
それじゃ忠臣蔵は成り立たないし、赤穂義士祭をしている地元・赤穂市では都合が悪いし
———————–
司馬は目の前で龍馬について熱く語る金八に「史実と小説の区別をつけなさい」と諭したらしい
———————–
吉田松陰が革命家って間違ってないじゃん
弟子たちに殺人テロを煽って、テロリストと呼ばれないほうがおかしい
———————–
地元の龍馬研究会なんざ江戸時代無かった酒蔵の酒を龍馬が飲んだ酒とか言ってるし
自分達のファンタジーを信じてるだけの連中は平気で捏造する勢いがあるな
———————–
昔、龍馬はパシリという書き込みに対して
必死になる龍馬信者がおった
その流れが面白かった
———————–
バカ→「縄文人は樹木を伐採したからエコじゃない」
———————–
平清盛が汚いとかスモーク炊きすぎとか言ってた人は
モンティ・パイソンのホーリー・グレイルという映画を観て欲しい
制作者自ら中世はここまで汚くないだろとかスモーク炊きすぎとか言いながら
観客の望む中性のイメージを映像化したって言ってる。
伝染病の蔓延してる村で泥を食ってる農民や城壁から糞尿や家畜の死体を投げる描写など
歴史的に正しいけど映像化されない映像を意識的に撮ってる
———————–
バカに発言権を与えちゃいけない
特に老人
———————–
想いが篭った記録から紡ぎ出される虹色の歴史
———————–

そうして見ると、司馬遼太郎というのも、講釈師のちょっとインテリ版というだけの存在だと見えてくるw ところで近藤勇なんだが、百姓生まれなんだが、そもそもあのあたりの百姓というのは、戦国時代には武士だった連中で、負けて領土を奪われたから農民になっただけで、根っからの農民ではないようだ。

Source: ネットゲリラ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です