【トンデモ都市伝説】安田純平さん拘束事件!リーダーは松平健のロボット?

スポンサードリンク


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

シリアの武装組織に拘束され、10月下旬に解放が確認され帰国した、日本人ジャーナリストの安田純平さんが11月2日午前11時、自身初となる記者会見を都内の日本記者クラブにて行った。

会見は2時間以上にわたって行われ、その模様はフジテレビ系の報道バラエティ『バイキング』ほか多くのテレビ番組で中継された。

ところが、中継されたその内容は『バイキング』司会の坂上忍の言葉を借りれば「ハッキリしない会見」で、終始何か言いたいかよくわからないエピソードばかりだった。安田さんの口から出たエピソードは「テレビを観ることは許されたが食事中は消すように言われた」、「監禁中はフルーツやスイーツやピザなどを食べていた。ジュースはおやつの時間にのみ飲むことを許された」といった、ややフォーカスのブレた情報ばかりで、固唾をのんで見守っていた視聴者の多くは思わずズッコケてしまったという。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

そんなイミフ「語録」のなかで、最も注目を集めた件は、安田さんを拉致した組織のリーダーの容姿だったという。

安田さんが語るには「(リーダーの顔は)俳優の松平健さんのような顔をしていた」とのことで「私は勝手に『ケン』と呼んでいました」と記者会見で語っている。

この突然の「リーダーは松平健似」という情報にネットでは「不謹慎だけど思わず笑ってしまった」「ちょっと面白かった」としばし盛り上がったという。

松平といえば、若い頃から日本人離れしたルックスで有名だが、まさか世界的なテロ組織のトップに容姿が似ているとは、当の松平本人も夢にも思ってなかったことだろう。

なお、ホンモノ松平だが、5年前の2013年には彼そっくりなアンドロイド(ロボット)「リアル・アンドロイドマツケン」が誕生している。これはKDDIが宣伝用に創ったアンドロイドなのだが、あまりにソックリだったために松平本人も「あまりに似ていて気持ちが悪い」と驚嘆したという。

関連動画
本物ソックリのアンドロイドマツケンの登場に本家・松平健もビックリ!


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

現在、この「リアル・アンドロイドマツケン」は所在不明であり、一部の都市伝説マニアによると、「リアル・アンドロイドマツケン」は海外へ渡り、量産されたのではないかという話がある。

もしかすると、松平に似たリーダーは、量産されたリアル・アンドロイドマツケンの一体だったのだろう……か?

(江戸前ライダー 山口敏太郎事務所 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『THE VOICE~セルフカバー・ベストアルバム~

amzn_assoc_ad_type =”responsive_search_widget”; amzn_assoc_tracking_id =”yoshitotyo-22″; amzn_assoc_marketplace =”amazon”; amzn_assoc_region =”JP”; amzn_assoc_placement =””; amzn_assoc_search_type = “search_widget”;amzn_assoc_width =”auto”; amzn_assoc_height =”auto”; amzn_assoc_default_search_category =””; amzn_assoc_default_search_key =”武装組織”;amzn_assoc_theme =”light”; amzn_assoc_bg_color =”FFFFFF”;

Source: ATLAS

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です