川を掘り起こしたとところ、16世紀から19世紀に使用されていた日用品がザクザク!分類して並べてみた(オランダ)

スポンサードリンク

TOP_e

 2003年から2012年の間、オランダのアムステルダムにあるアムステル川では、地下鉄の路線を新設する為、排水し、掘り起こし作業が行われた。

 するとそこには70万点以上にのぼる膨大な物品が眠っていたのである。

 古くは16世紀のものから19世紀のものまで、市民が日常使用していた日用品や、陶器、書籍などが次々と掘り起こされた。

続きを読む

Source: カラパイア

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です