第二次世界大戦の爆撃による衝撃波は宇宙の端にまで届いていた可能性(英研究)

スポンサードリンク

0_e0

 1939年から1945年までの6年間、全世界的規模の巨大戦争となった第二次世界大戦。大量の爆撃は地球全土に恐怖をもたらしたが、その影響は地球上だけにとどまらなかったようだ。

 最新の調査結果によると、爆撃による衝撃波は、大気圏や宇宙にもその爪痕を残していた可能性があるという。

続きを読む

Source: カラパイア

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です