2018年の新語・流行語大賞ノミネート30語を発表!MeTooや仮想通貨、そだねー、首相案件など

スポンサードリンク


11月7日に「現代用語の基礎知識 選 2018 ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート30語が発表されました。ノミネートされた流行語には「あおり運転」や「悪質タックル」「eスポーツ」、「半端ないって」、「仮想通貨」などが見られ、スポーツ関連が全体的に多かったところです。

他にも政治系だと「首相案件」や「高プロ(高度プロフェッショナル制度)」などもあり、2018年を象徴するような言葉がランクインしていました。

ただ、この30語を見た人からは「あんまり流行ってない事が多い」「他にも入れてほしい言葉があった」というような批判も多く、ネット上の意見は賛否両論となっています。

 

第35回 2018年 ノミネート語
https://www.jiyu.co.jp/singo/

No.01あおり運転
No.02悪質タックル
No.03eスポーツ
No.04(大迫)半端ないって
No.05おっさんずラブ
No.06GAFA(ガーファ)
No.07仮想通貨/ダークウェブ
No.08金足農旋風
No.09カメ止め
No.10君たちはどう生きるか
No.11筋肉は裏切らない
No.12グレイヘア
No.13計画運休
No.14高プロ(高度プロフェッショナル制度)
No.15ご飯論法
No.16災害級の暑さ
No.17時短ハラスメント(ジタハラ)
No.18首相案件
No.19翔タイム
No.20スーパーボランティア
No.21そだねー
No.22ダサかっこいい/U.S.A.
No.23TikTok
No.24なおみ節
No.25奈良判定
No.26ひょっこりはん
No.27ブラックアウト
No.28ボーっと生きてんじゃねえよ!
No.29#MeToo
No.30もぐもぐタイム

Source: ニュース – 情報速報ドットコム

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です