【藤子不二雄Aの臨死体験】三途の川、トキワ荘に赤塚不二夫や手塚治虫が!

スポンサードリンク


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

2018年11月8日、フジテレビ系列で放送された「ノンストップ!」にて藤子不二雄A先生が自らの臨死体験に関してコメントした。

この事件に関しては、筆者のブログである「ブログ妖怪王」にて以前に記したことがあったが、それも踏まえ改めてここにまとめてみる。

関連記事
本当は怖い!?『ドラえもん』原作者・藤子・F・不二雄がヤクザの親分を演じた映画がある
【原作者が絶句した!】大ヒットアニメ利権に群がる徒党の事大主義
【都市伝説】『けものフレンズ』絶滅動物を表現「手法」がエグ過ぎる?


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

大腸がんがみつかった藤子A先生は、都内の病院に入院4時間半に及ぶ大手術で無事にがんを除去した。だがその後出血、集中治療室(ICU)に入った際、不可解な夢を何回か見たという。

「ICUには、四日間入ってうなされたんです。いろんな悪夢を見ました。なんと二本立てでね、(第一話は)大勢のドイツ人から、ウインナーを食えと迫られたんですよ」


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

「第二話は、夢の中で僕が田舎をさまよってるんです。すると朽ち果てた家があった。見たことがある家だったんです。それがね。トキワ荘だった。見ると二階の窓が開いて、石森(石ノ森章太郎)だったり、赤塚(不二夫)だったり、手塚(治虫)先生もいるんですよ。みんなが手を振って『こっち来い』って呼んでて、なんだか懐かしい感じがして、行きそうになる夢まで見まして。でも僕は渡らなかったんです。心に残っていた夢で、僕もそろそろそういう年になったし、呼ばれてるのかなあとひしひしと感じましたね」

現在、藤子不二雄A展が六本木ヒルズで開催されている。これを機会に行ってみてはどうだろうか。

藤子不二雄(A)展 – 六本木ヒルズ 公式ウェブサイト

出典引用
http://mantan-web.jp/2013/07/27/20130727dog00m200008000c.html

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『@ll 藤子不二雄A (コミックス単行本)

amzn_assoc_ad_type =”responsive_search_widget”; amzn_assoc_tracking_id =”yoshitotyo-22″; amzn_assoc_marketplace =”amazon”; amzn_assoc_region =”JP”; amzn_assoc_placement =””; amzn_assoc_search_type = “search_widget”;amzn_assoc_width =”auto”; amzn_assoc_height =”auto”; amzn_assoc_default_search_category =””; amzn_assoc_default_search_key =”藤子不二雄A”;amzn_assoc_theme =”light”; amzn_assoc_bg_color =”FFFFFF”;

Source: ATLAS

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です