フランシス・レイ死去

スポンサードリンク















フランシス・レイが亡くなったというんだが、この人、元はアコーディオン奏者で、だからこの出世作「男と女」でも、オルガンがメインですね。ムスタングのクーペが素敵だわw フランス映画は映像が美麗です。中身は空っぽだけどw そりゃ、ハリウッドも同じかw







「パリの巡り合い」です。これも「男と女」と同じく、ルルーシュ監督。







これはルルーシュ監督ではないんだが、どうせフランス人監督なので、大差ない。基本的にエロいw とある日本人女性は、うっかりフランス男に身体を許したら、三日間、「服を着させて貰えなかった」そうですw この映画以来、「個人教授」というとエロ、というイメージがこびりついてしまったw







「白い恋人たち」は、グルノーブルオリンピックの公式記録映画です。これもまたルルーシュ監督なので、お洒落なギミックがあったりするw



この映画のオープニングで、「これは公式映画ではなく、たまたまグルノーブルに居た映画人が、13日間の感動的な日々を、見たままに描いた作品である」と流れるが、勿論公式の記録映画として製作された作品である。


この映画を今、改めて鑑賞すると、フランス人の映像感覚というのが理解できると思う。







「愛と哀しみのボレロ」です。フランス映画としては珍しい超大作で、戦争シーンもあるので、ずいぶんカネもかかっただろう。ルルーシュ監督の撮影風景が興味深い。



1930年代から1980年代にわたり、パリ、ニューヨーク、モスクワ、ベルリンを中心とするフランス、アメリカ、ロシア、ドイツにおいて交錯する、2世代4つの家族の人生を描く。この2世代4つの家族は、序盤では互いに散発的に交錯するだけだが、クライマックスの、フランスのチャリティ公演で一堂に集結する。この4家族に加え、時空をこえて、盲目のアコーディオン弾きが複数回登場し、アクセントを加える。作中の親子などを同じ俳優が一人二役で演じている例もある。


この映画では、ジョルジュ・ドンのボレロがクライマックスで、素晴らしいです。どっかの韓国人が映画丸ごとアップしているので、どうぞw ちなみに、このジョルジュ・ドンのボレロは、日本で初めて、「パフォーマンスとしての知的財産権」を獲得したとして知られている。見れば判ります。なんでコレが、そこまで評価されたのか。







これはルルーシュではない。監督はデビッド・ハミルトンです。まだロリコンが日本でブームになる前から、ひとすらロリコン道を追求して来た助平オヤジw おいら、大学生の頃、銀座の通路でコイツのポスター売っていた。良く売れましたw レンズにパンスト被せて撮る人なので、全部ボケボケw カメラはミノルタで、彼は元々、カメラマンではなく、デザイナー出身です。

Source: ネットゲリラ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です