溶接はもう必要ありません。クールなアナログ溶接

スポンサードリンク






リベットは通常だと、冷えたままの棒を叩いて頭を潰すわけですが、これは意外と画期的です。
鉄を熱する釜が近くに必要かも知れないが、仕上がりの美しさ、簡単さ、スピード感と良さそうです。
大物を溶接する時は歪みがでやすいので、この方法なら、熱の掛かる部分は穴周辺になるので、歪みの問題に悩まされることはなさそうです。
熱間鍛造なので、リベットの強度も申し分ないでしょう。
映像中のボルトナットは、位置決め、仮止めでしょう。

なにより、サクッと頭の形ができるのが気持ち良い(笑)

Сварка больше не нужна. Крутой аналог сварке
https://www.youtube.com/watch?v=Jpk_VY3cUQ4
Source: Ghost Riponの屋形(やかた)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です