「プラシーボ効果」遂に“治療”として確立へ、メカニズムが実験で判明! 関連DNA「COMT」も発見、ハーバード大発表!

スポンサードリンク

画像は「New Atlas」より引用

 プラシーボ(偽薬)効果とは、薬理作用のないものを本物の薬であると「思い込ませること」によって、治療効果をもたらす反応のことである。大半の場合、乳糖や澱粉、生理食塩水などを実際の薬同様カプセルに入れて用いられる。経験的に“効果”があることは…
Source: TOCANA

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です