防弾少年団(BTS)の原爆Tシャツ、Mステ出演が見送りに!デザイナーが謝罪  「反日の意図はない」

スポンサードリンク


韓国の人気アイドルグループ「防弾少年団(BTS)」のJIMIN(ジミン)が原爆Tシャツを着用していた問題が波紋を広げ、9日夜に放送予定だったテレビ朝日の音楽番組「ミュージックステーション」が出演を見送りと発表しました。

この問題は防弾少年団のメンバーが原爆投下直後の写真と、万歳をしている人々が写っている写真がプリントされているTシャツを着ていたことがネット上で指摘されて発覚。
更に一部のメディアも報道したことで批判が拡大し、遂にはミュージックステーションの出演が見送りになった形です。

指摘を受けたTシャツは「ourhistory」というブランドの商品で、デザイナーのイ・グァンジェ代表は「ブランドをスタートさせた当時、ストリートファッションが流行していた。そのとき、私自らが歴史に関心を向けており、若者たちが着るファッションに歴史意識を込めれば、少しでも歴史に興味をもってもらえるのでは、と考えて(Tシャツ)をつくった」とコメントし、反日的な意図はないと反論しています。

ただ、原爆投下という歴史的な内容だけに、日韓関係の問題と合わさってお互いに批判が加熱して現在進行系の大炎上となっているところです。

 

「防弾少年団」の原爆Tシャツ問題で、デザイナーが謝罪 「Mステ出演取消し、申し訳ない…反日助長の意図はない」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181109-00000034-wow-asent

韓国アイドルグループ「防弾少年団」のJIMIN(ジミン、23)が原爆Tシャツを着用し波紋を広げ、結局「ミュージックステーション」出演取りやめに発展した騒動で、該当Tシャツを手掛けたデザイナーが謝罪した。

Source: ニュース – 情報速報ドットコム

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です