6日夜に予定されていた自民党幹部と国民民主党の玉木代表の密会に、玉木氏欠席 ~今後起きるであろう野党の離合集散に絡んでくる重要な場面~

スポンサードリンク
竹下雅敏氏からの情報です。
 どうやら、6日夜に予定されていた自民党幹部と国民民主党の玉木代表の密会が流れてしまったようです。密会には、通りがかりを装って、あべぴょんも顔を出す予定だったとのこと。しかし、玉木氏が欠席。国民民主党を抱き込もうとした自民党の思惑は、失敗に終わったようです。
 産経新聞では、玉木氏の欠席で、“二階氏も参加を見送った”とあり、 6日の夕方に急遽不参加が決まったと書かれていますが、田中龍作ジャーナルには、ホテル・ニューオータニでの二階幹事長の姿が撮られています。しかも、“玉木氏側が自民側に「欠席」を告げたのは5日以前”と書かれており、産経新聞の情報と食い違いが見られます。
 田中龍作ジャーナルが正しいとすれば、なぜ“二階幹事長が足を運ぶほどの案件を自民側が幹事長に伝えなかった”のかがわかりません。板垣英憲氏はこのときの出来事を、ヤラセだと考えているようです。
 龍作さんは不思議な人で、重要な場面には必ず現場にいます。この場面が重要なのは、“今後起きるであろう野党の離合集散”に絡んでくるからです。
 “続きはこちらから”以降の記事では、小沢一郎氏が多数派工作を進めていると書かれています。小沢氏は橋下徹氏、前原誠司氏と極秘裏に会食したとのこと。なんでわざわざこんなのと…と思うでしょうが、こんなのしかいないのが政治の世界なのです。こんなのでも、今の安倍政権の閣僚と比較すれば、ずいぶんマシだと思えてくるから不思議です。少なくとも会話は成立しそうです。
(竹下雅敏)
————————————————————————
二階幹事長らの密会現場撮った 改憲審議入りに向け自民が国民民主抱き込む
引用元)
(前略)
自民党の二階俊博幹事長らと国民民主党の玉木雄一郎代表らが、6日夜、都内のホテルで密会すると聞き、田中はマスコミの政治部記者と共にホテルのロビーに張り込んだ。

 会合は自民が国民民主を抱き込むため持たれたと見られている。国民民主を抱き込んでおけば、今臨時国会の焦点である改憲や入管法、水道法などの改正(改悪)で、与党が強行採決したとの批判をかわせるからだ。
(中略)  
 密会の場となったホテル・ニューオータニで、田中龍作のカメラと助手の村上理央の肉眼が捉えたのは-

 自民が二階幹事長、金田勝年幹事長代理、林幹雄幹事長代理、稲田朋美筆頭副幹事長。国民民主が増子輝彦幹事長代行、小宮山泰子総務副会長。

 肝心の玉木代表を確認することはできなかった。
(以下略)

————————————————————————
改憲めざし安倍首相も顔を出す予定だった 二階幹事長、玉木代表への手土産は和歌山ミカン
引用元)
(前略)
 夕方6時17分、ニューオータニに一番早く到着したのは、自民党の二階俊博幹事長だった。(中略)… 玉木代表のために手土産まで用意していた。故郷和歌山のミカンである。政治家が選挙区の名産を手土産に渡すのは、相手への最上のもてなしだ。(中略)… 玉木代表、平野幹事長と自民党執行部がスキヤキを食べ始めたところで、安倍首相が顔を出すというシナリオだった。それも通りがかりを装うことになっていた。
(中略)
玉木氏側が自民側に「欠席」を告げたのは5日以前(食事会は6日)。玉木氏によれば、「欠席」は増子輝彦幹事長代行を通して自民側に告げた。

 二階幹事長が足を運ぶほどの案件を自民側が幹事長に伝えなかったとは考えられない。「玉木欠席」の連絡はどこで遮断されたのか? 今後起きるであろう野党の離合集散とも絡んでくる。
(以下略)

————————————————————————
「二度と呼ばない」 玉木氏が自民幹部との会談欠席
引用元)
 自民党の林幹雄幹事長代理と国民民主党の増子輝彦幹事長代行が6日夜、東京都内のホテルで会談した。(中略)… 会談は国民民主党の玉木雄一郎代表の党代表就任祝いとして計画され、自民党の二階俊博幹事長も出席する予定だった。だが、玉木氏は欠席し、これに伴って二階氏も参加を見送った。
(中略)
国民民主党関係者によると、11月6日夕に急遽(きゅうきょ)、玉木氏や平野博文幹事長の不参加が決まったという。
(中略)
自民党幹部は「来なかったことはずっと覚えておく。二度と呼ばない」と怒りを押し殺すように語った。

» 記事の続きを読む / » Continue Reading More

Source: シャンティ・フーラの時事ブログ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です