臨時国会が残り3週間に!来月10日で会期末、延期も浮上!外国人受け入れや憲法などで与野党対決

スポンサードリンク


臨時国会の残り時間が3週間となりました。今期の臨時国会は12月10日が会期末となっており、政府与党はそれまでに重要法案の入管法改正案を可決・成立させるとしています。

これに対して野党側は外国人労働者に関する法務省の虚偽報告などを理由に強く反発し、現在進行系で与野党が激しく対立。

また、憲法改正案についても政府与党は今月中にも衆議院憲法審査会を開くとしていますが、こちらも与野党の協議はまとまっていません。
臨時国会が延期となる可能性もあり、これからの3週間は与野党ともに全力で動くことになりそうです。

 

Source: ニュース – 情報速報ドットコム

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です