オペレーション・ホット・マスケット・・・米国内に軍隊配備

スポンサードリンク

以下の記事は、今、アメリカで何かとんでもないことが起こりそうな予感をさせるものです。単なる軍事演習なら良いのですが。。。。
米国内では水面下で何等かの軍事作戦が計画されていると思われる動きがありました。
例えば、各地に軍装備品、武器、戦車を輸送していたり(国連のマークがついているものもあった)、各地で国連部隊や外国部隊の秘密軍事演い習が行われていたり、外国部隊(ロシア軍など)が各地に配備されている様子が伝えられていたり、オバマ政権下でジェイドヘルムと呼ばれる大規模軍事演習が行われたり。。。
また、トランプは軍の助けを借りてアメリカを影の政府やディープステートから取り戻そうとしていると伝えられたり、一方、NWO実現のために米国民から銃を押収しNWOに刃向かう米国民をFEMAキャンプに収容し再教育をするか殺害することが計画されているなどと伝えられてきました。
今回の軍隊配備は、不法移民のキャラバンの流入を阻止するためとかカリフォルニア州の山火事の災害救助のためではないと関係者は言っています。
アメリカで一体何が起きようとしているのでしょうか。悪い目的であれば、軍がNWOのために使われるのであり、良い目的であれば、トランプが軍の助けを借りて影の政府やディープステートからアメリカを取り戻すことを計画しているのかもしれませんし、或は、トランプとは関係なく軍隊が独自にクーデターを考えているのか。。。
それとも単なる大規模軍事演習なのか。。。
もうじきアメリカで何かが起こりそうです。ひょっとしたら、アメリカの株価暴落による経済崩壊に備えて国内の混乱を抑えるために軍隊が配備されることになるのかもしれませんが。。。

https://beforeitsnews.com/v3/alternative/2018/3647450.html
(概要)
11月18日付け

(概要)
今日は11月15日です。昨日、別の番組中に非常に信頼できる情報筋から電話をもらい重大な情報を入手しました。この情報に関して退役軍人や現役軍人の皆さんの意見を聞きたいと思います。ぜひ電話をください。

その映像をお見せします。
(0:49~)
その概要:
情報筋(現役ニ等軍曹のジムさん)によると、
米国内(北部テキサス州)への軍隊配備(国家警備隊)の指令が出たとの噂を6から7人の関係者から聴きました。ジムさんは丁度、妻の出産のために休暇を取っていたのですが、72時間以内に部隊に戻るようにとの指令が出ました。
軍隊配備と言えば、不法移民のキャラバンを阻止するために南部テキサス州或はカリフォルニア州を想定しますが、国境から離れた北部テキサス州或いはテキサス州全体の軍隊配備の可能性があります。
これまで米国内での軍隊配備は行われたことがありません。通常なら国家警備隊が国内の警備を担当します。まもなく米国内で何かが起こるでしょうから注意を怠らないでください。ジムさんもその事に関わることになります。しかも既に数年前に退役した元軍人らをも軍に呼び戻しているのです。これが単なる軍事演習なら良いのですが。。。最悪の事態を想定して呼び戻された人々は家族に別れを告げる必要があるかもしれません。
ジムさんが電話をくれたのが11月14日ですから今は既に召集された部隊は訓練を受け現地に配備されているでしょう。
証拠資料としてオペレーション・ホット・マスケットと呼ばれる資料が画面に映されています。召集された部隊はカリフォルニア州の山火事の災害救助とは関係ないと思われます。

過去にジェイドヘルムと呼ばれる大規模軍事演習が行われましたが、まさにそれなのかもしれません。
つまり、我々が想像もしなかった事態・・・米軍部隊が自国民に銃を向けることになるのかもしれません。これは異常事態です。過去においてこのような事態に陥ることなどありませんでした。過去において、空軍がパイロット不足のために退役パイロットが呼び戻されたことはありましたが。。。
トム・へネガン氏も、ある情報筋から、この国を取り戻すには軍の関与がないとできないと言われたそうです。

しかしトランプ大統領はエスタブリッシュメント側から脅迫され譲歩しすぎており何もできない状態になっています。トランプにはキャプテン・カンガルー並みの権力しかないのです。
ただただ、今回の軍隊配備が良い目的のために行われており、ディープステート側の悪事のために行われているのではないことを祈るばかりです。


Source: 日本や世界や宇宙の動向

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です