【重要法案】入管法改正案、与野党対立で審議日程が決まらず!21日から強制審議へ 法務省は改ざん資料を謝罪

スポンサードリンク


外国人労働者の受け入れを拡大するための入管法改正案について、与野党の協議がまとまらず、自民党側が職権を行使して21日と22日に審議を行うと強引に決定しました。11月20日に法案の審議入りを巡る与野党の協議が行われていましたが、野党側は法案の内容不備や法務省の虚偽報告などを理由に拒否。
これに対して与党側は審議の中で法案を精査するべきだとして、そのまま法案の審議入りを決めてしまいました。

一方で、法務省は外国人技能実習生の失踪に関する資料の改ざんを謝罪し、山下法務大臣が記者会見で「極めて軽率な、けしからんことだ。あってはならないことで心からおわびしたい」とコメントしています。
政府与党は入管法改正案の可決・成立を最優先課題としており、これから採決を目指して強引に日程を消化させる形になりそうです。

 

外国人材法案 衆院法務委 21日と22日に審議を職権で決定
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181120/k10011717771000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_005

外国人材の受け入れを拡大するための法案をめぐって、衆議院法務委員会は、夕方から理事懇談会を開いて審議日程を協議しましたが、与野党が折り合いませんでした。このため自民党の葉梨委員長が、21日と22日、委員会を開いて審議を行うことを職権で決めました。

外国人技能実習生資料に誤り「心からおわび」法相が謝罪
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181120/k10011717221000.html?utm_int=all_side_ranking-social_004

外国人技能実習生が失踪した理由などを調査して集計した法務省の資料に誤りが見つかったことについて、山下法務大臣は「あってはならないことで、心からおわびしたい」と謝罪しました。

Source: ニュース – 情報速報ドットコム

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です