仏紙フィガロ 「ゴーンは日産の経営を立て直したのに、日本人は恩知らずか?」

スポンサードリンク

1 名前:名無しさん@涙目です。(東京都) [ES]:2018/11/23(金) 12:05:52.17 ID:M2G0m3Tr0

1今後、日産自動車と仏ルノー、ルノーの筆頭株主である仏政府の間では「ゴーン後」の経営の主導権を巡る駆け引きが始まる。突然の解任劇に一部の現地メディアには「日産によるクーデター」と批判的な見方もある。仏マクロン政権は低支持率に苦しんでおり、仏世論への配慮が今後の日仏連合の方向性に影響を与える可能性がある。
(中略)
焦点となる仏政府の出方を左右する要素が仏国内の世論の風向きだ。

中道右派メディアの仏紙フィガロは「日本人は恩知らずか?」というセンセーショナルな見出しで、日産の経営を立て直したゴーン元会長の功績を強調。日産の西川社長らが逮捕を境に強くゴーン元会長を批判し始めたと指摘し、「急に何かのフタが開いたかのように批判が噴出している」と論じた。西川社長がルノーの日産への出資比率が43%と高いことを否定的に語ったことにも言及し、「今回の疑惑とは全く関係ない」と論じた。

経済メディアで最も影響力があるレゼコーは、「フランスでは日本人によるクーデターだったとの見方が広がっている」とゴーン元会長が権力闘争で失脚したとの分析を紹介。不正の告発はゴーン元会長追放を目的としたものだったという見方を伝えた。一方で「ルノー社内でもその見方は正しくないとする意見もある」とも指摘し、東京地検特捜部が法人としての日産も立件しようとしていると伝えた。
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO38116980S8A121C1EA1000/

続きを読む

Source: 痛いニュースノ∀`

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です