ノリタケの芸者カップ

スポンサードリンク
_DSC4111.jpg

裏印から1911年以降だと推測されるノリタケです。これくらいの時期までは、ノリタケもこうした土産物的な図柄を輸出していた。定番の芸者です。ちなみに「ノリタケ」というのは名古屋の地名で、工場がそこに作られた事から「ノリタケ」の名が付いた。明治時代に隆盛を極めた「森村組」の後身に当たります。当主の森村市左衛門は男爵に叙されている。

Source: ネットゲリラ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です