ステルス戦闘機F35B導入、政府方針を与党が了承!改修後のいずもは「多用途運用護衛艦」

スポンサードリンク

*F35
政府与党がステルス戦闘機F35Bの導入案を了承しました。F35Bは自衛隊が導入したステルス戦闘機F35Aに垂直離着陸機能を搭載した新機体で、空母や強襲揚陸艦のような大型の艦艇から飛び立つことを想定して設計された機体です。

12月5日に開かれた自民・公明両党の作業チームの会合では中国の海洋進出を念頭に、太平洋海域や島しょ部の防衛強化のために必要だとの意見が相次ぎ、この機体を導入する案が了承されることになりました。

同時に現在の航空自衛隊が運用している戦闘機F15についても、改修が難しい100機分の後継機をF35とする案で合意。F35Bと合わせて、F35シリーズの大量購入が決まった形です。
F35戦闘機はアメリカからのまとめ買いが安いとして、現在は国内生産よりもアメリカからの購入が有力視されています。

他にもF35Bを搭載するために改修計画が予定されている護衛艦「いずも」の名称を「多用途運用護衛艦」とすることも決まりました。海上自衛隊の「いずも型」護衛艦は改修作業によって事実上の空母となりますが、批判をかわすためにあえて「空母」との名称を避けたと報じられています。

 

最新鋭戦闘機 F35B導入の政府方針 自公が了承
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181205/k10011736141000.html?utm_int=all_side_ranking-social_005

新たな「防衛計画の大綱」に向けて、与党の作業チームは、島しょ防衛の強化のため短い滑走路で離着陸できる最新鋭戦闘機・F35Bを導入する政府の方針を了承しました。ただ、空母の役割を担う「多用途運用母艦」の導入については、引き続き協議することになりました。

いずもは「多用途運用護衛艦」 事実上の空母、批判回避
https://www.asahi.com/articles/ASLD54WMSLD5UTFK00T.html

 政府が年末に改定する「防衛計画の大綱(防衛大綱)」に関する与党のワーキングチーム(WT)は5日の会合で、海上自衛隊の「いずも型」護衛艦を改修する事実上の「空母」について、「多用途運用護衛艦」と呼ぶことで一致した。今後、この呼称を使う方向で政府・与党内で調整する。憲法上、「攻撃型空母」は保有できないとされていることから、批判をかわすのが狙いだ。

Source: ニュース – 情報速報ドットコム

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です