FA18戦闘攻撃機とKC130空中給油機が接触、 高知県沖に墜落!1人救助・6人は行方不明

スポンサードリンク

*KC130
12月6日未明に高知県沖でアメリカ軍のFA18戦闘攻撃機とKC130空中給油機が接触し、海上に墜落する事故が発生しました。報道記事によると、この2機には合わせて7人が乗っており、現時点で1人の救助が確認されたとのことです。
ただ、残りの6人は行方不明で、アメリカグニャ自衛隊などが捜索作業を続けています。

事故が発生したのは6日午前1時40分ごろで、山口県岩国市のアメリカ軍岩国基地に所属するFA18戦闘攻撃機とKC130空中給油機が、高知県の室戸岬の南およそ100キロの上空で接触。
空中給油の訓練中に衝突したと見られ、今の時点では民間人の被害報告は入ってきていません。

最近はアメリカ軍の航空機による接触事故が増えていただけに、基地周辺の住民からも不安の声が相次いでいます。

 

在日米軍の2機 高知県沖で接触し墜落 7人搭乗1人救助
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181206/k10011736491000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

6日未明、高知県沖の太平洋上でアメリカ軍岩国基地に所属するFA18戦闘攻撃機とKC130空中給油機が接触し、海上に墜落しました。2機には合わせて7人が乗っていて、1人が救助されましたが、残り6人の行方はわかっておらず、アメリカ軍や自衛隊などが捜索を続けています

Source: ニュース – 情報速報ドットコム

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です