心理学を知りたいときは?――『心理学の名著30 』 サトウ タツヤ

スポンサードリンク
心理学の名著30 (ちくま新書)
サトウ タツヤ
筑摩書房

 心理学を知りたくなる時というのは、どういうときだろう? 人間関係でつまずいたり、なにか精神的に困ったことがあったときなどではないだろうか。でも大学の心理学では、動物実験などをやらされて、思っていたことと違うということがよくあると聞く。

 私もいくらか心理学の本を読んできたが、ほとんどは心理療法系や臨床医学になるので、そういった欠落をうめたくてこの本を手にとった。というか、分類すらよくわからない。やっぱりセラピー系でないと、読みたくはならないのだけどね。

 この本の選ばれた30冊の本の中では、セリグマン、カバットジン、フロイト、ユング、ロジャーズ、フランクル、マズローといったあたりになるだろうか。科学系の実験証明を是とする人から見ると、これらは「文学だ」となるかもしれないけどね。臨床医学なんて実証はむずかしいので、そのへんの分断はどうなっているのだろう。

 この本ではセリグマンのポジティブ心理学やカバットジンのマインドフルネスはとりあげられているのだが、認知療法や交流分析をとりあげていないのは、流れ的にはかなりの欠落に思えますが。

 日本の心理学の名著は一冊もとりあげていないのだが、小此木圭吾のモラトリアム論とか、土居健朗の甘え論とか、世間一般にまで話題になった本もある。90年代後半には心理学ブームといったものがあり、猟奇犯罪の心理学やトラウマなどが世間にものすごく注目を集めた時期もあった。そのへんもカバーしていないね。いまはアドラーが注目されているのだが、アドラーもなし。

 私は精神分析ではぜんぜん納得せずに、自己啓発のカーネギーとかダイアー、リチャード・カールソンにだいぶ学ぶことが多く、それは広義の意味では過去を掘り下げないということで認知療法だったと思うし、ついにはトランスパーソナル心理学をへて、神秘思想や仏教にも理解がおよぶことになった。セラピーは自己啓発のジャンルからも、おおいに学ぶことがあると思うのだが、この本ではいっさいふれていない。

 心理学というのは、科学であるためにはたえず実験実証の目から批判がおこる。文学であっては、科学たりえない。そこで実験心理学のような動物や人を実験する実証が必要になるのだろうが、そういう手間をとっていると、現実の問題からずっと遅れて後手にまわってしまう。それは現実に悩み苦しんでいる人への手助けになるのかという知識にもおちいる。ここいらをうめる知識をこの本からも期待したのだけどね。

 ずっとむかしに心理学の基本書を知ろうとして、『カウンセラーのための104冊』のような本も参考にしたことがある。この本を手にとったのは、心理療法の今日的評価を聞きたかったのかもね。

改訂新版 カウンセラーのための基本104冊世界の心理学50の名著 エッセンスを学ぶ心の科学史 西洋心理学の背景と実験心理学の誕生 (講談社学術文庫)心理療法の交差点―精神分析・認知行動療法・家族療法・ナラティヴセラピー精神分析の名著 - フロイトから土居健郎まで (中公新書)

Source: 考えるための書評集

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です