「TikTok」がわいせつ動画販売のプラットフォームに!? 人気アプリの裏の顔……

スポンサードリンク

【日刊サイゾーより】

 日本では今年の新語・流行語大賞にノミネートされるなど、世界中でヒットしている中国発の動画共有アプリ「TikTok」だが、インドネシア政府が使用を禁止したことでもわかるように、トラブルも少なくない。

 本国中国でも、わいせつ動画の投稿が相次ぎ、社会問題と…
Source: TOCANA

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です