中国がカナダ元外交官を拘束 ファーウェイの逮捕で報復措置か 米中貿易戦争が外交問題に

スポンサードリンク

*BBC
12月11日に中国でカナダの元外交官が拘束されました。報道記事によると、拘束されたのは元外交官のマイケル・コブリグ氏で、シンクタンク「国際危機グループ」が正式なルートで釈放を求めているとのことです。
この拘束はカナダで中国の通信大手・ファーウェイの最高幹部が逮捕された影響があると見られ、中国側が取引の材料として実施した可能性があります。

米中貿易戦争も収まる気配がなく、このまま両国間の対立がエスカレートすることになりそうです。

 

中国でカナダ元外交官を拘束 ロイター報道、報復措置の可能性
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018121101003059.html

【北京共同】ロイター通信は11日、中国でカナダの元外交官が拘束されたと報じた。カナダ当局が米国の要請で中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の幹部の孟晩舟容疑者を拘束したことに対する中国側の報復措置の可能性もあるが、ロイターは、関連は不明としている。元外交官はマイケル・コブリグ氏で、現在所属するシンクタンク「国際危機グループ」(本部・ブリュッセル)は釈放を求めるとともに「所在確認と安全確保に向け、情報収集に全力を尽くしている」との声明を発表した。

Source: ニュース – 情報速報ドットコム

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です