台風第1号 (パブーク)、観測史上初めて1月にタイ上陸へ!リゾート地が年明けから閉鎖

スポンサードリンク


台風1号(パブーク)の影響でタイのリゾート地に大きな影響が出ています。年明けからリゾート地は閉鎖が相次ぎ、タイ政府は早めの避難を呼び掛けるなど注意勧告を発表しました。
1月のタイに台風が上陸したのはこれが史上初めてで、今回の台風について「地球環境の変化で異常気象が起きている」と指摘する声もあります。

 

タイ南部 人気リゾート地に台風1号接近 観光に大きな影響
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190104/k10011767841000.html?utm_int=all_side_ranking-social_005

台風1号が接近しているタイ南部の人気のリゾート地では、ビーチの閉鎖や航空機の欠航など観光に大きな影響が出ていて、地元の当局は早めに避難するなどの警戒を呼びかけています。

気象庁 台風第1号 (パブーク)
https://www.jma.go.jp/jp/typh/1901.html


台風第1号 (パブーク)
平成31年01月04日18時45分 発表

<04日18時の実況>
大きさ –
強さ –
存在地域 南シナ海
中心位置 北緯 8度20分(8.3度)
東経 100度40分(100.7度)
進行方向、速さ 西 20km/h(10kt)
中心気圧 996hPa
中心付近の最大風速 23m/s(45kt)
最大瞬間風速 35m/s(65kt)
15m/s以上の強風域 北西側 390km(210NM)
南東側 220km(120NM)

Source: ニュース – 情報速報ドットコム

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です