アメリカの政府機関閉鎖、暫定予算案を可決!トランプ大統領「壁建設の費用が無ければ拒否権」

スポンサードリンク


トランプ大統領の選挙公約「メキシコとの国境に壁を作る」がアメリカ全土に影響を与えています。先月にトランプ大統領は予算案にメキシコの壁建設費用が含まれていないとして予算案を拒否し、それからアメリカ政府機関の閉鎖状態が継続。
1月3日夜の下院で暫定予算案を賛成多数で可決させましたが、依然としてトランプ大統領との対立は解消されていません。

野党民主党は壁建設に反対して予算案に費用を盛り込ませないとしていますが、トランプ大統領は「壁建設費用が無ければ拒否権を使う」としています。
このままアメリカ政府機関の閉鎖が長引く恐れもあり、まだ不透明な情勢が続きそうです。

 

米下院、政府機関再開に向け予算可決ー壁巡り大統領拒否の恐れ
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-01-04/PKSF5W6TTDS301

米下院は3日夜の本会議で、閉鎖されている米政府機関を再開するための法案を、新たに選出されたペロシ下院議長(民主)の下で可決した。だが、国境の壁建設費用を巡るトランプ大統領との対立は解消されていない。

民主党が多数派となった下院は3日、2月8日までの期間をカバーする国土安全保障省の暫定予算案を賛成239、反対192の賛成多数で可決した。一部政府機関の閉鎖を終わらせる取り組みの一環。閉鎖された9機関のうち残り8機関の閉鎖を終わらせる法案は賛成241、反対190で可決された。

Source: ニュース – 情報速報ドットコム

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です