「同性婚を認めないのは憲法違反」、LGBTのカップルらが集団訴訟!司法判断の結果に注目

スポンサードリンク


同性婚カップルが同性婚の権利を求めて初の集団訴訟を行いました。この訴訟は同性婚のカップル10組が国に対して、「法の下の平等などを定めた憲法に違反する」として、同性婚の権利を認めてもらうために行った裁判です。

日本では同性のカップルが婚姻届を提出しても行政に認められず、同性愛者から批判が強まっていました。実際に提訴した同性カップルの男性は「この数年で海外も国内も変わってきているのに日本の法律だけが変わらない。声を上げられない多くの当事者のためにも、裁判を通じて訴えたい」とコメントし、国の姿勢に疑問を投げ掛けています。

ネット上では賛否両論となっており、同性婚に嫌悪感を示す人や否定的な意見を書き込む人もかなり多かったです。憲法を見てみると、「両性の合意」と結婚の条件が定められていることから、憲法改正をしなければ同性婚を国が認可するのは難しいと言えるでしょう。

 

同性婚認めないのは憲法違反 同性カップルが集団提訴へ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190104/k10011768021000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

日本で同性どうしの結婚が認められていないのは法の下の平等などを定めた憲法に違反するとして、同性のカップル10組が来月、国に対して初めての集団訴訟を起こすことになりました。LGBT=性的マイノリティーの人たちの権利を守る動きが広がる中、司法の判断が注目されます

Source: ニュース – 情報速報ドットコム

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です