仏の反政府デモ、政府庁舎に侵入して破壊!政府関係者らが緊急避難 仏政府「反乱や政府転覆を望む扇動行為」

スポンサードリンク


1月5日にフランス全土で大規模な抗議デモが行われ、暴徒化した一部のデモ隊がパリの政府庁舎の扉を破壊して侵入しました。施設内に居た政府要人が一時避難する事態となり、グリボー政府報道官(副大臣)らは「反乱や政府転覆を望む扇動行為」「狙われたのは私ではなく(フランス)共和国だ。許せない」とコメントしています。

昨年末から続いている反政府デモの「黄色いベスト運動」ですが、依然としてフランス政府への反発は根強く、今年に入ってからも各地で大規模な抗議運動が継続中です。

 

仏デモ、政府庁舎を破壊し侵入 報道官避難、黄色いベスト運動
https://this.kiji.is/454378902660383841

【パリ共同】フランスで5日、8週連続で行われたマクロン政権に抗議する黄色いベスト運動の一斉デモの際、デモ関係者とみられる集団がパリの政府庁舎の扉を破壊して侵入、グリボー政府報道官(副大臣)らが避難する事態となった。

フランス各地の様子

Source: ニュース – 情報速報ドットコム

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です