【出国税】国際観光旅客税が今日から導入!一人あたり1000円を徴収、27年ぶりの新税 500億円規模の税収

スポンサードリンク


2019年1月7日から「国際観光旅客税(出国税)」が初めて導入されました。国際観光旅客税は日本から出国する全ての人を対象にして、一人あたり1000円を徴収する新しい税制度です。新税の導入は27年ぶりで、年間500億円程度の税収を見込んでいます。

この税収の大半は空港のセキュリティー強化(指紋や顔認証)や観光客を誘致するための宣伝などに使われる予定で、政府は国際観光旅客税を活用して外国人観光客の増加を目指すとしています。

ただ、国民からは「出国制限だ」「また増税だ」「金を巻き上げるための悪法」などと反発や不満が多く、空港で初めて新税の導入を知った人たちからは困惑の声も相次いでいました。

 

国際観光旅客税 きょうから 出国で1000円徴収 観光施策に活用
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190107/k10011769191000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

日本を出国する際、1人当たり1000円を徴収する「国際観光旅客税」が7日から導入されました。年間の税収は、約500億円と見込まれ、外国人旅行者を増やすための施策に使うことにしています。

Source: ニュース – 情報速報ドットコム

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です