政府は既にUFOを回収しておりその事実を隠蔽している!?この陰謀論に触発されたアーティストが描いたUFO墜落現場

スポンサードリンク

top_e

 ドイツのフォトグラファー、マーク・トラウトマンは、「異星人が乗ったUFOは何度か地球に墜落しており、すぐさま軍や政府によって回収され、その事実は現在も隠蔽され続けている」という陰謀論を支持している。

 そこに彼は、映画というメディアを通して考察された20世紀の戦争テクノロジーについて書かれたフランスの哲学者ポール・ヴィリリオの著書『戦争と映画―知覚の兵站術』のエッセンスを取り入れ、カリフォルニア州、デス・バレーに赴き、風景を撮影し、CG技術を駆使してUFOの墜落現場を再現した。

続きを読む

Source: カラパイア

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です