山口敏太郎・2019年の本はUMA図鑑!「ふしぎな世界を見てみよう! 未確認生物大図鑑」1月28日発売!

スポンサードリンク


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

山口敏太郎、2019年の本はUMA図鑑!

不思議だけれど少し怖い?そんな未確認生物の不思議や魅力について紹介。ネッシーやツチノコなど、定番の未確認生物からこれまで知られていなかったマイナーな未確認生物まで、フルカラーで紹介!

世界各地で目撃、その痕跡が発見されているものの、その生態はまだあきらかになっていない・・・・・・。

いままではなんだかこわいと思われてきた未確認生物たち。でも、彼らにはかっこいい、かわいい魅力、なんだかツッコミを入れたくなるエピソードが隠されているのです。

太っちょ体型なのに、3mものジャンプをしてしまうツチノコ。人間のおしりを狙っているカッパ。集団行動が苦手なイエティ。
・・・・・・なんだか、ちょっとだけ親しみがわいてきませんか?

本書では、人気のUMAから新発見のUMAまで、100種を豪華イラストとともに掲載! 実在度や攻撃力が分かるパラメーター、特徴が分かるキャプションもついています!

この本のミッションは、未確認生物新聞のY・ビーン記者とともに、世界中のUMAを探すこと。

――キミは、未確認生物を発見できるか?

【未確認生物ってなに? そんな方にこそ、読んでほしい一冊です】

「ふしぎな世界を見てみよう! 未確認生物大図鑑」は1月28日より全国の書店等で販売開始!

画像『ふしぎな世界を見てみよう! 未確認生物大図鑑


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

amzn_assoc_ad_type =”responsive_search_widget”; amzn_assoc_tracking_id =”yoshitotyo-22″; amzn_assoc_marketplace =”amazon”; amzn_assoc_region =”JP”; amzn_assoc_placement =””; amzn_assoc_search_type = “search_widget”;amzn_assoc_width =”auto”; amzn_assoc_height =”auto”; amzn_assoc_default_search_category =””; amzn_assoc_default_search_key =”山口敏太郎”;amzn_assoc_theme =”light”; amzn_assoc_bg_color =”FFFFFF”;

Source: ATLAS

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です