レーダー照射問題、韓国政府がデータ提供を拒否!日本がレーダー周波数の確認を求めるも・・・

スポンサードリンク


レーダー照射問題で、韓国側がデータ提供を拒否したことが分かりました。報道記事によると、日本側は指紋のように判別ができるレーダーの周波数などを韓国側にデータ提供するように求めたところ、軍事機密などを理由に開示を拒否したとのことです。

軍艦のレーダーはほぼ全て異なる周波数を使っていることから、日本としては韓国と周波数のデータを交換して比較することで照射の事実関係をハッキリとさせる狙いがありました。これを拒否したことで韓国側の胡散臭さが際立ったと言え、意図的に国ぐるみで情報やレーダー照射の事実を隠している可能性がありそうです。

 

韓国政府、データ提供を拒否 レーダー照射の有無の証拠
https://www.asahi.com/articles/ASM1854TYM18UHBI01Q.html

レーダーは装置ごとに周波数などに特徴があって「指紋」のように区別できるため、データは照射の有無を決定づける証拠になるとされる。
この軍事関係筋によれば、日本側は昨年12月27日にテレビ会議の形で行った日韓防衛当局の実務協議などで、日本の哨戒機が受けたレーダーと、韓国艦艇のレーダーの周波数などのデータを交換して照合することを提案したという。韓国側は、照射の事実はないとしつつ、軍事機密にあたるデータ提供に難色を示したという。

Source: ニュース – 情報速報ドットコム

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です