「トランプの世界救出計画」は、単に物質界の人間同士の戦いではなく、心と意識のレベルを含む戦いである! ~トランプ大統領のFRBとの戦いは本気で、その背後には神々がついている

スポンサードリンク
竹下雅敏氏からの情報です。
 これは、大変良い記事です。冒頭で、「トランプの世界救出計画」は“単に物質界の人間同士の戦いではなく霊界の戦い”だと書かれています。言葉の正確な意味では、霊界の戦いではありませんが、物質レベルの戦いではなく、心と意識のレベルを含む戦いであるということであれば、この通りだと思います。
 記事の中で、ブラックウォーターの創設者のエリック・プリンス氏は、“米政府内にいる反逆者たちを一斉検挙する役目”であり、軍事裁判はすでに始まっていると書かれています。
 時事ブログでは、2017年7月17日の記事で既に、“エリック・プリンス氏とスティーブ・フェインバーグ氏は2人とも完全に改心しており、これからは世界の安全を確保するために尽力したいと願っている”とコメントしましたが、このコメントが事実だったことがわかると思います。
 実は、この時の改心はプラズマレベルのもので、肉体の表層のレベルには至っていませんでした。しかし、この手の人たちは秘密結社に属しており、霊媒を通じてプラズマ界と繋がっているので、プラズマ体の改心は表層のレベルの転換に繋がりやすいのです。
 世界救出計画において、今年トランプが狙う大きな標的はFRBだとあります。トランプ大統領の執務室にはFRBと戦ったアンドリュー・ジャクソン第7代大統領の肖像画があります。トランプ大統領は、アンドリュー・ジャクソン大統領を賞賛していると書かれていますが、実はこれには大きな意味があります。
 現在、アンドリュー・ジャクソン氏は、第1システム国津神第四レベルの三十二神の一柱として神々の地位にあるからです。また、トランプ大統領の体には、名前はわかりませんが覚者(マスター)が合体しており、この覚者はジャクソン氏の部下です。なので、トランプ大統領のFRBとの戦いは本気だということです。またこうした戦いの背後に、神々がついていることがわかると思います。
 銀河連合、光の銀河連邦を統合した銀河国際連合が発足していると思いますが、これらの宇宙人たちは、ジャクソン氏を始めとする神々の指導の下にあります。
 一方、闇の勢力は、魂はもちろんプラズマ体も滅ぼされており、多くの者は狭義の肉体の深層と中層の身体も滅ぼされています。なので、彼らには狭義の肉体の表層しか残っていないのです。その表層も、意識、心を滅ぼされ、表層の身体のみが残っている者たちも少なからず居ます。彼らの敗北は、初めから決まっているわけです。
 これらの身体の概念は、2018年10月17日の記事を参照してください。
(竹下雅敏)
————————————————————————
今年、トランプは本気でディープステートを追い詰めるつもりです。
引用元)
(前略)
https://beforeitsnews.com/v3/new-world-order/2019/8288.html?currentSplittedPage=0
(概要)
1月8日付け
(中略)
トランプの世界救出計画について:
Qの最新ビデオ・メッセージ「the storm is upon us」では、彼らの世界救出計画を発表しています。世界救出のための戦いが起きているということは単に物質界の人間同士の戦いではなく霊界の戦いが起きているということです。
(中略)
 Q曰く「我々は動き始めている。軍事裁判が始まるとディープステートの解体が始まる。」と。(中略)… これは単にヒラリーやオバマ或いは職業的犯罪者集団などの酷い子分たちに対する戦争ではありません。政府高官たち(全官僚の70%は既に排除されたがまだ排除すべき危険な作戦隊員が潜んでいる。)に対する戦争でもあります。
(中略)
ブラックウォーターの創設者のエリック・プリンス氏がトランプの非公式選挙顧問として動いていたと言われていますが、現在彼は米政府内にいる反逆者たちを一斉検挙する役目を担っています。(中略)… 既に水面下ではナンシー・ペロシやチャック・シュマーなどを含む反逆者、小児性愛犯罪容疑者、職業犯罪者らの軍事裁判が始まっています。
(中略)
トランプによる貿易協定の見直しは不公平な貿易赤字によりアメリカの金や銀が1年で失われてしまわないよう金本位、銀本位制度に移行するためのものです。貨幣制度を金本位、銀本位にする唯一の方法は、FRBを解体することです。今年トランプが狙う大きな標的はFRBです。

画像はシャンティ・フーラがPinterestに差し替え

(中略)
トランプは、FRBと闘ったジャクソン第7代大統領を、素晴らしい大統領であり色々な意味で非常にユニークな大統領だったと報道官を通して称賛していました。(中略)… 今年から来年にかけて、人々はトランプとFRBのクライマックスの決闘を見ることになります。

まだ逮捕されていない敵たちは恐怖におののいています。(中略)… なぜならディープステートの世界的な犯罪ネットワーク(世界中の子どもたちの大量虐殺、小児性愛犯罪、人身売買、人喰い)が徐々に明かになるからです。
(以下略)

Source: シャンティ・フーラの時事ブログ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です