2018年末の株価急落、年金積立金運用で14兆円の損出か!過去最悪のマイナス!このままだと年金無し?

スポンサードリンク


年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が株式市場で運用している資金が大きく減っている可能性があることが分かりました。
報道記事によると、2018年後半の株価急落でGPIFの積立金が14兆円以上の減少に転じているとのことです。

これは過去の統計と株価の下落幅から計算した推計値ですが、GPIFが保有していた株式は大部分が赤字に転落していると見られています。年金積立金の総額は165兆円となっていることから、このままだと年金積立金が消し飛ぶことになりそうです。

株価を買い支えるために高値買いとなっている銘柄も多く、次の暴落が来るとマイナスはもっと拡大することになるでしょう。

 

18年10~12月の年金積立金運用 過去最悪 14兆円超損失か
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2019-01-05/2019010501_03_1.html

 国民の公的年金の保険料を原資として株や債券で運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、2018年10~12月の資産運用で過去最悪の2倍近い、14兆円を超える損失を発生させた可能性があることが、本紙の試算で分かりました。

東京証券取引所で昨年12月28日に行われた昨年最後の取引終値は、日経平均株価が2万0014円77銭(前年末比12%減)、東証株価指数(TOPIX)も1494・09(同18%減)と、前年比でいずれも大幅な落ち込みとなりました。

Source: ニュース – 情報速報ドットコム

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です