ロシアの新都市ビルの壁面に描かれた巨大な北斎の浮世絵

スポンサードリンク

top

 偉大な功績を残したアーティスト葛飾北斎の浮世絵は、世界的にも有名な日本美術(関連記事)の1つだ。

 およそ190年の時を経てもなお、国や文化や世代を超えたくさんの人に愛されているこの名画が、なんとロシアの新都市ビルを飾ったと話題になっている。

 開発地区に建つビルの中でも、ひときわ目を引く高層6棟。そこに描かれたのは「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」、海外でGreat Wave(グレートウェーブ)と呼ばれるものである。

続きを読む

Source: カラパイア

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です