眼鏡技師が撮影した1950年代のシュールで奇妙な家族写真(アメリカ)

スポンサードリンク

top

 写真家のラルフ・ユージン・ミートヤード(1925-1972)の本職は、メガネ用レンズを製造する眼鏡技師だった。

 眼鏡技師として生計を立てる傍らで、何千枚もの面白い写真を撮っていた。

 ゴム製のマスクやプラスチックの人形などを使い、家族や友人たちをモデルに、有機質と無機質を融合させながら、シュールなイメージの写真を作り上げていった。

続きを読む

Source: カラパイア

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です