15万人の抗ガン剤治療を受けた患者を調べた結果、抗ガン剤は、ガンを何倍にも増やす増ガン剤だと 1

スポンサードリンク

15万人の抗ガン剤治療を受けた患者を調べた結果、抗ガン剤は、ガンを何倍にも増やす増ガン剤だと 1988年のNCIリポート断定されているのです!!

日本医師会も、このことは承知の上で「抗がん剤」を使用しています!!

刑法では、未必の故意犯ですな・・・・!!

 

癌治療の現実

 抗がん剤治療を始めると癌患者は、医師に

 

 「先生、苦しいんですが・・・」

 ゲーゲーと、吐きながら訴えます!!

 

 すると医師は、検査結果のデーターを患者に見せて

 「まあ落ち着きなさい!!」

 「ほらこの通り癌細胞が小さくなっています!!」

 と、マーカー検査の数値の下がっている検査結果を癌患者に見せるのです。

 

すると癌患者は、

「すみません!!」

「ありがとうございます!!」

ゲーゲーと吐き続けるのです!!

 

そこで再び「抗がん剤」の点滴を癌患者にします。

癌患者も再びゲーゲーと吐き続けるのです!!

 

そして癌患者が「抗がん剤」で死にかかると抗がん剤の点滴を止めてしまいます!!

 

抗がん剤を止めると癌細胞が、3~4倍とどんどんと大きくなっています。

すると医師は、再び「抗がん剤」を点滴します。

早速、癌患者は、ゲーゲーと吐き続けます!!

 

「先生」、苦しいから抗がん剤を止めてください!!」

「なに言ってんだい!!」

 

「マーカーが下がったじゃあないか!!」

「ありがとうございます!!」

ゲーゲーと、吐く!!

抗がん剤を止める!!

 

またマーカーが、上がる。

また抗がん剤を投与する!!

ゲーゲーと、吐く!!

 

これを繰返しながら「癌済患者」が、苦しんでいますと

医師は、家族に

「本人の苦しみを和らげるためにモルヒネを投与します!!」

と、癌患者の家族に申し向けます・・・・。

 

なんも知らない家族は、苦しみもだえる家族を見るに堪えられずに同意しますが・・・・。

これが、医師による「死刑判決」なのです!!

 

この苦痛止めの「モルヒネ」は、合成モルヒネであり、投与しますと「血圧を下げ」、「心臓」に負担を掛けるという安楽死薬なのです!!

 

合成心臓がモルヒネは、血圧を下げて、心臓に負担を掛けますので1~2ケ月で「癌患者」は多臓器不全で死亡してしまいます!!

 

※ある東大医学部卒業の医学博士で開業医の回顧録です!!

 

「私は、息子を亡くしてから目が覚めた!!」

「私は、何百人もの癌患者に抗がん剤を投与していたが、余り効果がない事が分かっていた!!」

 

「だが大学では、これしか教えてくれなかった!!」

「本にもこれしか書いていない!!」

 

「私は23年間、何百人もの癌患者の皆さんを苦しめて死なせてしまった!!」

「もう二度と抗がん剤は使用しない!!」

 

現在の癌の抗癌剤による通常療法は

「抗ガン剤・多剤投与グループほど”命に関わる副作用”は7~10倍」
「腫瘍が縮んでも5~8ヶ月で再増殖」
「多剤投与グループは腫瘍は縮んでも生存期間が短い」
「腫瘍を治療しないほうが長生きする」・・・・
と現代の治療”常識”を覆す治験結果が記されており、さらには
「抗ガン剤では患者は救えない」「投与でガンは悪性化する」と結論している。

 ガン問題調査委員会が組織されて、

・通常療法と

・非常療法(代替(だいたい)療法)

 非通常療法とは食事・栄養・免疫・自然食・精神療法により、身体の抵抗力を高めて、自然

に治そうという考え主体の治療法です。 

の比較が行われました。

 その結果・・・非通常療法の方が副作用無く治癒率が高いという結論になったのです。

 追い打ちをかけるように会計検査院(General Accounting Office)の87年の調査報告書では、NCIへの予算がガン患者の生存率に寄与していないという報告まであげているのです。
 

 抗ガン剤が「増ガン剤になるという問題は1988年(平成元年)の日本癌学会大会でも大きな問題となり、本家NCIでも同年に通常療法による癌治療が新たなガンを生むことを3000頁もの報告書「ガンの病因学」で認めているのです。
 
 1988年のNCIリポート『ガンの病因学』で15万人の抗ガン剤治療を受けた患者を調べた結果、抗ガン剤は、ガンを何倍にも増やす増ガン剤だと断定している。

 なんと抗癌剤は実は増癌剤だというのだ!

 そこで、抗癌剤の副作用情報を確認してみると。

 ちゃんと二次発癌と書いてある。

 抗癌剤が増癌剤であることは薬の添付文書、説明書であるインタビューフォーム、薬の辞典なども書いてある常識だったのですから、驚いてしまいます!!

 一番上の抗癌剤はナイトロジェンマスタードと書いてある。
 もしかして、ベトナム戦争で枯葉剤としてまかれ、多くの癌や奇形を出したマスタードガスに関係するのかと思い調べてみると、上の表の1行目のナイトロジェンマスタードや2行目のシクロホスファミドについて塩野義製薬の以下の説明を見つけた。

 

なんと抗癌剤は本当に発癌性物質のマスタードガスから作られていた。

 シクロホスファミドとマスタードガスの化学式の配列を見比べたら、シクロホスファミドはマスタードガスに殺虫剤や農薬や神経ガスに使うPのリンを付け足したものであであり、シクロホスファミドの致死量1500mg。
これはマスタードガスと同じであり、シクロホスファミドはマスタードガスと同等の毒物であることがわかる。

 シクロホスファミドは日本で一番使用量の多い抗癌剤だそうだが、万有製薬の提供する以下の情報では、抗癌剤の近くで作業するだけでも、不妊、流産、先天性障害、白血病、癌等を引き起こすという極めて危険な薬品なのですが、そんな危険な薬品を癌患者の体内に点滴するのですから、医師たちは狂っていますぞ!!

  こんなに教えても、抗がん剤はバカ売れしているというのだから困ったものである!!

クリックして応援を宜しくお願いします!!

クックして応援を宜しくお願いします!!

  

  

・産業革命を起す3件の発明品の47都道府県展開を始めます!!

 参加希望者は、FAXにてご連絡ください!!  

・「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

・ネサンは、ソマチッドでガン患者1000人の内、750人(75%)を完治させた。

ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備え「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。最低、半年は飲んでください!!

効果が無ければかかった費用は、全額返金します!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 送料は着払いに成ります。

会場で、超能力が収得できなければ料金は返却します!!

また1億円の被害者が、参加しました!!

偽名を使って騙し取ったようです!!

関根光義、「虚偽の事実」で裁判所を騙して判決を取り、預金を差し押さえて持ち去りましたので、告発しています。

また「不法な書き込み」をしていますIPアドレスを追跡して、関根光義にたどり着きました!!これで、関根光義を逮捕できますので日時を決めています!!

日本国民であれば、犯行の現行犯を逮捕することが出来ます!!

警視庁指定の「特殊詐欺団」に認定されました!!

「関根光義、荻原陵よる被害者の会」は、被害金額約7億円の民事訴訟・刑事訴訟を来年の2月より始めます!!

   

 

 

Source: 清洲のブログ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です