19/1/7 ソルカ・ファール情報:トランプがヒラリー・クリントンのクーデター計画を破壊し、コンゴの大釜は爆発間近

スポンサードリンク
 昨日の記事でコンゴ民主共和国がカバールのアメリカ破壊計画の実験場にされ、第二次世界大戦以来最悪の戦場と化していることをお伝えしましたが、今回はそのお隣の国ガボンについて。
 1月2日、トランプさんはコンゴ救済のために米軍をガボンに派遣したのですが、クリントン側が早速クーデターという形で追い出しにかかりました。

 リビアのカダフィ大佐は血祭りに上げられましたし、もっと遡ればブルキナのトーマス・サンカラ大統領も始末されましたし、今回のクーデターだって捕らえられた兵士の中には本当に母国を思って動いた若者がいるかもしれません。
 刻一刻と、沢山の貴重な人材がアフリカから奪われているのです。この人たちってばどこまで旧植民地を蹂躙すれば気が済むのでしょう。

 最近では、サウジアラビアやイスラエルの暴虐非道っぷりに注目が集まるようになり、イエメンやパレスチナの惨状が隠せなくなってきました。シリアもロシアの庇護とイランの支援の下、多少は落ち着いてきました。
 ですがアフリカの国々の苦しみは、まだまだ把握されていません。皆さんの意識が遠いアフリカの大地にも向けられ、闇を駆逐する光となりますように。

(Yutika)
————————————————————————
ソルカ・ファール情報:トランプがヒラリー・クリントンのクーデター計画を破壊し、コンゴの大釜は爆発間近
転載元)
投稿者:ソルカ・ファールより、西洋の読者へ

Sister Maria Theresa

【※記事内には貼っていませんが、同サイト自己紹介頁からシスター・マリア・テリーサの写真です。】

ガボン共和国でガボン人を用いてグローバリストが抵抗

本日クレムリンに出回っている【ロシア】国防省MoD)の厳しい口調の新報告書によると、トランプ大統領米軍アフリカの国ガボンへ派遣し、コンゴ民主共和国での戦闘配置の準備をさせていると米国議会に対して報告してから僅か5日足らずで、ヒラリー・クリントンの後押しするガボンの悪意ある勢力がクーデターを演出しようと試みたそうですが、即座に惨めな失敗に終わりました

[註:この【英文】リポートで引用されている【ロシア語の】一部の単語およびまたは言い回しは、完全に対応するものが【英語に】存在しないため、そのロシア語に相当するおおよその英語【訳】となっております。]

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え
ヒラリー・クリントンが後押しするガボンの勢力(上)はトランプ大統領の対グローバリスト戦争を阻止しようとクーデターを試みて失敗

» 記事の続きを読む / » Continue Reading More

Source: シャンティ・フーラの時事ブログ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です