JOC竹田恒和会長をフランス検察が起訴!東京オリンピック招致で贈賄容疑 約2億5000万円の資金やり取りか

スポンサードリンク


フランス当局がJOC(日本オリンピック委員会)の竹田恒和会長を贈賄容疑で起訴することが分かりました。

1月10日に海外メディアのAFP通信やルモンド紙は、「竹田会長が東京オリンピックの招致で関係者に200万ユーロ(およそ2億5000万円)を支払った疑いがあるとして、刑事訴訟の手続きが取られている」と報道。
既にフランス当局は事情聴取も行っており、早ければ今月中にも具体的な動きに出ると見られています。

竹田会長は日本の銀行口座から国際陸上競技連盟の前会長の息子に関係していると見られているシンガポールの会社に、およそ2億2000万円を振り込んでいたことから、数年前にフランス当局が贈収賄などの疑いで捜査を開始していました。
東京オリンピックの旗振り役でもある竹田会長の刑事起訴は、東京オリンピック全体にも大きな影響を与えることになりそうです。

 

JOC竹田会長 五輪招致で汚職に関与容疑 仏メディア報道
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190111/k10011775211000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

フランスのAFP通信や有力紙「ルモンド」は、JOC=日本オリンピック委員会の竹田恒和会長に関して、来年の東京オリンピック・パラリンピックの招致をめぐる汚職に関わった疑いでフランスで刑事訴訟の手続きが取られていると伝えました。

L’homme fort des JO de Tokyo 2020 mis en examen pour « corruption active »
https://www.lemonde.fr/sport/article/2019/01/11/l-homme-fort-des-jo-de-tokyo-2020-mis-en-examen-pour-corruption-active_5407570_3242.html

Source: ニュース – 情報速報ドットコム

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です