世界初 3Dプリントによるチタン製ブレーキキャリパー2 ブガッティ・シロン

スポンサードリンク








画像、印刷されたキャリパーについているツララのような縦棒は、印刷用のサポートです。
ベース板にキャリパーが溶着されて3D印刷されるようなので、水槽?に入れてベースと本体をレーザー?で切り離してます。樹脂だったら、ニッパーなどで切るだけで済むが(笑)

6-4チタンで45時間掛けて印刷されたキャリパーは、こんなに薄くて大丈夫かいな?てなくらいペラッペラ。
応力解析したような、有機的な形状にも見える。
こちらの以前乗せたブレーキテストの映像を見ると、ペラッペラでも全く問題なく機能している↓

世界初 3Dプリントによるチタン製ブレーキキャリパー ブガッティ・シロン
https://ameblo.jp/ghostripon/entry-12428180196.html

3Dプリントは、2日弱かかる印刷時間がネックですね。
プリンターの台数を増やせば生産性は上がるだろうが、ミリオンダラープラス(100万ドル以上)になっているプリンターの価格が、またネックとなりそうです。
早く100万円くらいにならないものかと(笑)

40% lighter – 45 hours printing – capable of withstanding up to 125 kg per square millimeter before breaking.
3D printed on SLM 500, discover the machine : https://www.multistation.com/en/product/slm-500-additive-manufacturing-metal/

キャリパー製造に使った3Dプリンタ SLM 500↓
粉をひいてレーザーで溶かしてという作業を、何度も繰り返すようです。

The selective laser melting system SLM® 500 HL provides a build chamber of 500 x 280 x 325 mm and a powerful double/multi laser technology.

Bugatti Chiron Titanium brake caliper 3D printed on SLM Solutions
https://www.youtube.com/watch?v=SRA5CFLYkUQ
A Million dollar+ Quad Laser 3D Metal Printer demo, The SLM 500HL @ Rapid
https://www.youtube.com/watch?v=sbPpFHZL_cU

作れる素材のデータなど↓
インコネルのエキマニも作れる。

[PDF]SLM Solutions
https://www.hs-owl.de/fb7/fileadmin/download/labore/konstruktion/06_Tagungen/01_RP_Tagungen/20_RP/20_FTRP_Schwarze_SLM_produktive_Fertigungstechnologie_Freigegeben.pdf

比較用ブレンボモノブロック↓
ゴツイです(笑)




Source: Ghost Riponの屋形(やかた)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です