業界衝撃!「活躍できなければ引退」戦力外を突きつけられた『ゆるキャラ』

スポンサードリンク

2019年1月11日、「ゆるキャラ」界に衝撃のニュースが伝えられた。

関連動画
みさ坊からのお知らせ


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

島根県美郷町はイノシシをモチーフにしたキャラクター『みさ坊』に対して、「地域への貢献度が低い」という理由から、「今後の活躍が見られなければ引退するように」と勧告した。

「みさ坊」は美郷町でよく目撃されるというイノシシの子供、ウリ坊をモチーフにしたゆるキャラとして2015年に誕生した。美郷町初のゆるキャラとして、町はこれまで130万円余りを活動費として捻出してきたが、相変わらず知名度は低く、2018年度の「ゆるキャラグランプリ」では507体中、339位と振るわなかった。このことからも、これ以上の成果が見込めなければ「リストラも止むなし」と判断されたようだ。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

ゆるキャラが町役場からリストラ候補として肩を叩かれるのは、史上初の出来事であり、ネット上で大きな話題となっている。

そのため、今日までにTwitterなどでは「みさ坊頑張れ!」、「何かグッズなどあれば買いたい」との声が相次いでいるが、いよいよ今年が正念場といえそうだ。

事実、ゆるキャラ業界は、2018年は高知県須崎市の観光大使である「ちぃたん☆」などはテレビのバラエティ番組に頻繁に出演するなど、プチブレイクを見せていたが、前述の「ゆるキャラグランプリ」では年々エントリーするキャラクターの数が減少している他、大規模なゆるキャライベントも開催されることが減っているのが現状だ。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

中には「みさ坊」のようにその役目を終えたことで、ひっそりと倉庫で眠るゆるキャラクターも少なくないという。このことからも、今回の「みさ坊」への戦力外通告は、現在のゆるキャラ業界を象徴する出来事として世間から注目を集めているようだ。

果たして「みさ坊」は無事に島根県美郷町のアピールに成功し、大手を振ってカムバックできるのだろうか……。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©島根県美郷町/YouTube

amzn_assoc_ad_type =”responsive_search_widget”; amzn_assoc_tracking_id =”yoshitotyo-22″; amzn_assoc_marketplace =”amazon”; amzn_assoc_region =”JP”; amzn_assoc_placement =””; amzn_assoc_search_type = “search_widget”;amzn_assoc_width =”auto”; amzn_assoc_height =”auto”; amzn_assoc_default_search_category =””; amzn_assoc_default_search_key =”ゆるキャラ”;amzn_assoc_theme =”light”; amzn_assoc_bg_color =”FFFFFF”;

Source: ATLAS

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です