日本人がイメージで描いた西洋人(黒船来航以降、江戸末期から明治)

スポンサードリンク

03_e

 1850年代、米国のマシュー・C・ペリーは、日本に黒船を上陸させ、徳川幕府の約200年間の鎖国を終わらせた。日本の港湾は、英国、フランス、ロシア、オランダ、米国に開放されることとなった。

 しかし、開国後も西洋人は常に身元を確認され、自由に歩き回ることができず、一般の日本人からは隔離されていたそうだ。

 日本人は西洋人とはどのようなものなのか全く知らなかったので、絵師たちは、西洋雑誌や新聞に掲載されている版画や伝聞などからイメージし、西洋人の姿を描いていたようだ。

続きを読む

Source: カラパイア

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です