日ロ外相会談、北方領土問題で日本が大幅に譲歩か?共同記者会見は無し 平和条約の条文作成作業の開始へ

スポンサードリンク


1月14日に日本の河野外務大臣とロシアのラブロフ外相がモスクワで会談を行いました。当初は共同記者会見も予定されていましたが、日本側の拒否で行われなかったと報じられています。

日ロ外相会談の具体的な合意内容は明らかにされておらず、NHKは今回の日ロ外相会談を「日ロ首脳会談で平和条約の条文作成作業の開始を確認したうえで、ことし6月のG20大阪サミットに合わせて再度、首脳会談を行い、平和条約交渉の大枠合意を目指す方針」と報道していました。

また、ラブロフ外相は日本に対して、北方領土の名称をロシア風の「南クリール諸島」に変更するように要請したとも報じられています。事前に共同記者会見を日本側が拒否したという情報があったことを考えると、会談の内容は日本国民にとって悪い内容である可能性が高そうです。

ロシア側は平和条約を締結するための前提条件として、北方領土の主権完全破棄を日本に要請しており、これで日本政府が譲歩しているとすれば、後々に大問題になるでしょう。

 

日ロ外相 初の平和条約交渉終わる 妥協点探ったか
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190114/k10011777771000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_007

北方領土問題を含むロシアとの平和条約交渉をめぐって河野外務大臣とラブロフ外相がモスクワで会談し、交渉責任者になってから初めての交渉が行われました。会談の詳しい内容は明らかになっていませんが、これまでの双方の主張を踏まえ具体的な前進への妥協点を探ったものとみられます。

ロシア外相、「北方領土」の名称見直し要求
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00000105-kyodonews-pol

 【モスクワ共同】ロシアのラブロフ外相は14日、南クリール諸島(北方領土)はロシア領であるのに、「日本が国内法で『北方領土』と規定していることは受け入れられない」と述べ、日本側に見直しを求めたことを明らかにした。

Source: ニュース – 情報速報ドットコム

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です