日韓協議でレーダー情報の交換出来ず!韓国側が拒否、レーダー照射問題で対立が続く・・・

スポンサードリンク


1月14日にシンガポールで日本と韓国の協議が行われましたが、何も大きな進展が無かったことが分かりました。

報道記事によると、レーダー照射問題について日本側は韓国に対してお互いのレーダー情報を交換するように提案するも、韓国が拒否したことで実現が出来なかったとのことです。韓国政府と日本政府の意見は依然として平行線状態で、このままならば防衛省は電波情報の公開に踏み切るとしています。

自民党内部からも韓国への強硬論が浮上しているだけに、この問題が長引けば日韓関係にも大きな悪影響を及ぼしそうです。

 

レーダーの電波情報交換できず 日韓はこう着状態
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20190114-00000036-ann-pol

 日本の防衛省と韓国国防省の担当者による協議は14日、第三国のシンガポールで行われました。去年の暮れにテレビ会議で協議して以来、2回目となります。このなかで、日本側はレーダーの電波情報を非公式に交換して事実を明らかにしようと提案しましたが、韓国側はこれまで通り交換に応じなかったとみられています。防衛省はこのまま膠着(こうちゃく)状態が続くとみて、電波情報の公開も視野に対応を検討しています。

Source: ニュース – 情報速報ドットコム

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です