【Qアノン情報】3/11 始まりのその日までのカウントダウン!

2019年03月11日 13時11分41
始まりのその日までのカウントダウン!

こんにちは、樹林です。

 

Qが大きな、大きな、大きな出来事があるという日まで、あと8日です!

その予告に合わせるかのように、いろいろな動きが出てきています。

まず、つい先ほどWikileaksが待望のクリントンのEmail を公開しました。

2016年の大統領選前のDNC(米民主党全国委員会)やヒラリークリントンのメールです。これらのメールから、どんな爆弾が飛び出すのでしょう…。

英語ですが、こちらから見れます↓

https://qnation.us/wikileaks-just-dumped-clinton-emails-bon-appetit/

まだリリースされたばかりなので目を通していませんが、いろいろ動き出していてやはり3月19日に機密情報解除があるのかなと思わせられるような動きが続いています!

Qの投稿も同じく、機密情報の解除に向けて確実に1日1日と近づいている様子が見て取れます。

下記は、3月6日のQの投稿です↓

Qアノンがメモ書きを持った男性の手元の写真と、その写真に対する質問をしていました。「これは大統領の手ですか?大統領は結婚指輪してませんよね?」と。そして写真の中には1,2,3…と箇条書きのリストがありますが、その中で15,16,17,18,19の数字が抜けていて、また20から数字が記載されています。 上記のアノンからの質問に対してQは、「カンザス」と答えています。要は、この手とメモ書きはトランプ大統領のものではなくて、通称カンザス=国務長官のマイク・ポンぺオのものだということです。ポンぺオは以前もQがポンぺオを信頼しろと投稿していたことがあるので、信頼できるパトリオットということですね。

またこの写真に対するQの別の投稿には、「時には行間を読むことで分かることがある。”Meet IG“(監察官に会う)」と書かれていました。

行間を読むというと…?なぜ15‐19までの数字が抜けているのか?

この疑問に対しては、Qアノンたちの間では、この15‐19日の4日間にいろいろな動きがあるからポンぺオはスケジュールをあけているのではないかという見方が多いようです。要は、今週の15日から大きな動きが始まるということなのでしょう。もう4日後ですね…。もうすぐじゃないですか…?! ドキドキです(^-^)

そして3月8日のQの投稿で以下のようなものがありました ↓

投稿の中で、カレンダーを最新のものにアップデートするようにとQは言っています。

そして、こちらがリンク先のツイートです↓

リンク先には、ユタ州の連邦検察官のジョン・ヒューバーが、バー司法長官と3月7日に会談している様子の写真と過去のQの投稿があります。過去のQの投稿は、DECLASまでに起きるであろう物事の流れが書かれていますが、写真の中で黄色い枠で囲まれた部分に「バー、ヒューバーとOIGと会談」とあります。そしてその後にOIGレポートが発表されるという流れです。そう、機密情報解除のためには、このバー司法長官とヒューバー、OIGの階段は必須なプロセスなのです。ということは、この次のステップはOIGレポートが発表されるということですね!

以前のQの投稿に、ヒューバーを信頼しろと書かれていましたし、ヒューバーはワシントンDCに大きなPAIN(痛み)をもたらすと書かれていました。また、最近のQの投稿でもヒューバーに関するABCニュースの記事のリンクとともに、記事の中で書かれていたヒューバーの言葉が載っていました:

「検察官全員がすでに約20件の訴訟を処理している」
「それらの訴訟の内容は、国内テロから、法廷で承認された犯罪組織の盗聴、子供の小児性愛者、そして私たちの子供を搾取しようとする人々、外国人犯罪者の問題、大規模な詐欺のスキームまで、多岐にわたります。」

そう、大規模な詐欺のスキームというのは、国のトップの人物たちが国民を騙していたということも含まれるのだろうと思いますし。小児性愛者の犯罪や、子供からの搾取もありますね。そしてテロも。

このバー司法長官とヒューバー、そしてOIGのミーティングの結果が早く現実化して欲しいです。

やはりOIGレポートは、15日なのでしょうかね?(^-^)

そして1日戻りますが、上記は3月7日のQの投稿です。

投稿のリンク先には、「(DJの)Sean
Hannityのラジオを聞いてたけれど、とても落ち着いた様子でSeanは3回も、とても信頼できる情報源からの情報によるとついに正義が下るようだ、と言っていた」と書かれていました。Sean

HannityはパトリオットでFOXニュースのアナウンサーも務めていて、トランプ政権ととても近い人物です。なので、この信頼できる情報源というのはトランプ大統領本人ではないかと言われています。 そしてこの写真のペンの意味は何だろうというQアノンの間推理では、まずはペンに映り込んでいる人物は誰だ?という議論になりました。3月7日にバー司法長官とヒューバーが会った際のヒューバーのネクタイの色が黄色だからヒューバーがOIGレポートのリリースに署名をしたという意味の写真ではないか?とか、いろいろ言われています。

いずれにしても、DJの「ついに正義が下るときがきた」という話の情報源に関してQもこの投稿の中で、「とても」信頼できる情報源だといっていますから、やはり近々正義が下るのは間違いないのではないでしょうか?

そして昨日の3月10日には立て続けにこのQの投稿です↓

以前のトランプの去年の「国家に対する反逆罪?」というツイートに対し、Qの「もうすぐそのときだ。警戒するように」とコメントしたもの。

そして次が「封印→解除へ。起訴が始まる。」というQの投稿。

最近のQの投稿はどこからどう見ても、もうDECLAS(機密情報開示)が近いというわかりやすいものばかりです(^-^)

そしてFoxニュースでもまた、先ほどラジオの話でも登場したSean Hannityが、機密情報開示は近いと語っています。


上記ビデオの内容(意訳です):

私たちが知っているすべての人々が、本物の深刻な犯罪を犯して権力を濫用しているということについて、あなたは知っています。
ヒラリークリントンはそのうちの1人です。McCabe、Comey、Strzok、Pageなどの人々、そしてさらに多くの人々も同様です。
FISAの乱用についてはどうですか。 アメリカ人の憲法上の権利を剥奪する。
司法省とFBIのいくつかの最高レベルでの横行する利益相反についてはどうでしょうか。 今夜は素晴らしいニュースがあります。
私の情報源によると、私達が2年間ディープステートについてお伝えしてきたことはすべて、もうすぐ大きな重大な結末となるでしょう。

やはりこれは確実にあるのではないでしょうかね?今日はDay-8(その日まであと8日)! アメリカ時間で3月19日ですから、日本時間だと3月20日になるのでしょうか?だとしたらあと9日かな?

いずれにしても、もうすぐです(^-^)!

そして、3月15日~4日間は大きな動きがありそうですから、注意していましょう。

DECLAS(機密情報解除)はゴールではなくて、スタートです。

DECLASがきっかけとなり、世界が変わっていくといいなと思います。その時まで、カウントダウンですね。

では、今日も最後まで読んで下さりありがとうございました(^-^)

 

(以上転載はここまで)

https://ameblo.jp/doorforawakening/entry-12445855383.html


Source: ADAMANTINE  http://blog.livedoor.jp/sagittariun-shinjituwomiru/