イエズス会が支配している表のイルミナティはすでに降伏!〜残るはロスチャイルド家と裏のイルミナティの壊滅作戦!

スポンサードリンク
竹下雅敏氏からの情報です。
 イルミナティは支配系統から見て、2つに分かれており、1つはロスチャイルド家が頂点にいる裏のイルミナティで、これまで光の銀河連邦が霊導していました。もう1つは、イエズス会が支配している表のイルミナティで、イエズス会の上にはゾロアスターの13家がいます。こちらは闇の館(ブラック・ロッジ)が霊導していました。コブラは、カバールの支配者はアルコーンだと言っていますが、それは表のイルミナティに関する事柄です。
 闇の館は壊滅状態で、ゾロアスターの13家以下の支配層は、すでに降伏しています。なので、裏のイルミナティの頂点にいるロスチャイルド家が問題だということになります。
 これまで、カバールを巧みに利用してきたコブラのRM(レジスタンス・ムーブメント)と宇宙人たちは既に処分され、今後、彼らは何も悪さが出来ないでしょう。なので、これからは記事の通り、ロスチャイルド家とイルミナティの壊滅作戦になるわけです。
 イルミナティは、生贄の儀式やペドフィリアに深く関与していることから、あっという間に組織が解体されてしまうと思います。
(竹下雅敏)
————————————————————————

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」

トランプ大統領とプーチン大統領は、「第3次世界大戦」を策動してきた欧州最大財閥ロスチャイルドと「秘密結社フリーメーソン・イルミナティ」の壊滅作戦に乗り出している
◆〔特別情報1〕
 世界恒久の平和と繁栄を築くための新潮流を主導しているヘンリー・キッシンジャー博士(ドイツ系ユダヤ人、1923年5月27日生まれ、95歳)の指南を受けて「新機軸」(第3次世界大戦回避・全世界の原発440基廃炉・放射能汚染を含む地球環境の改善・AIの産業化)を推し進めているトランプ大統領とプーチン大統領は、米ロ首脳会談(7月16日、フィンランドの首都ヘルシンキ)を機に、米軍産協同体を支えて「戦争利権」を独占してきた米国最大財閥ロックフェラーの衰退後も、「第3次世界大戦」を策動してきた欧州最大財閥ロスチャイルドと「秘密結社フリーメーソン・イルミナティ」の壊滅作戦に乗り出している。ジェイコブ・ロスチャイルド(ロンドン・ロスチャイルド6世、2017年8月6日脳梗塞で死去、81歳=非公開→世界銀行300人委員会内の地位は、小沢一郎代表が受け継ぐ)の長男・ナサニエル・フィリップ・ヴィクター・ジェイムス・ロスチャイルド(通称:ナット・ロスチャイルド)に送ったのが、その手始めであった。天皇陛下のごく近くにいる吉備太秦は、「新機軸」の第1目標である「第3次世界大戦回避」を目的とするこの殲滅作戦の背景と主なる狙いについて、以下のように解説している。
————————————————————————
政府高官:我々は1500人の移民の子供たちを、子供取引業者に渡してしまった

米保健省役人が子供の行方不明を認めている

転載元)
(前略)

Daniel Newton, www.neonnettle.com
July 23, 2018

(中略)

米保健福祉省のトップ高官が、議会メンバーに対し、この官庁が 1,500 人の子供の行く方を見失い、現在、子供取引業者の手にある可能性が高いことを認めた。

保健省役人であり、この役所の子供担当実働副長官でもあるSteven Wagnerは、国土安全保障省・上院小委員会に対する証言の中で、この痛ましい情報を明らかにした。

(中略)

もう一つの爆弾的報告によると、ヒラリー・クリントンの国務省が、「数のわからない子どもたち」を、子供取引業者たちに、「直接、贈った(gifted)」という事実が明らかにされた。
http://www.neonnettle.com/news/4344-senate-report-exposes-hillary-clinton-for-giftingchildren-to-child-traffickers

(中略)

子供たちの大多数は、ホンジュラス、エルサルバドル、それにグアテマラから来ており、ドラッグ・カルテルや、ギャングの暴力や、家庭暴力から、逃れる途中であったことを、政府データは示している。

(中略)

オハイオ選出共和党上院議員で、小委員会議長の Rob Portman は、政府役人たちが、彼らの保護から引き離された、何百という移民の子供たちの所在を、知らないということに、ショックを受けたと言った。

「保健福祉省には、これらの子供たちを的確に追跡して、彼らが売買を強要されたり虐待されたりしないように、そして法廷審問に出られるようにする責任がある」と、彼は言った。

(以下略)

Source: シャンティ・フーラの時事ブログ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です