2019.4.12 新着 – 『文殊菩薩』 文在寅大統領が米朝の仲介を模索、他13件

『文殊菩薩』
文在寅大統領が米朝の仲介を模索
2019年04月11日23:41
(以下一部転載)
文在寅大統領が米国を訪問して、ポンぺオ国務長官·ボルトン大統領補佐官·ペンス副大統領の説得に当たっている。
彼らはいずれも対北朝鮮強硬派だが、トランプから対北朝鮮の外交交渉から遠ざけられた私怨もありそうだ。
もし、第三回目の米朝首脳会談が行われるとすれば、中国の北京で習近平も参加する形で開催される可能性もある。
文在寅は非核化に関する米朝の折衷案を提案し、段階的な非核化と引き換えに一部の制裁解除をするよう呼びかけている。
ただし、金正恩はプーチンへの急接近を図るなど、米国との協定が達成されない場合に備え自立路線も模索しているようだ。

シャンティ・フーラの時事ブログ
19/4/2 ソルカ・ファール情報:トランプの工作員が英国スパイの長官子息を暗殺し、プーチンが軍を戦闘態勢に置き、イスラエルのリーダーがモスクワに駆け付ける
2019/04/11 2:00 PM
(以下一部転載)
 9日のイスラエルの総選挙で、ネタニヤフの野郎が勝利しやがりました。マジありえません。「むっきーっ(怒)」とハンカチ噛み千切りたくなりますが、実は竹下氏曰く「現在のネタニヤフ首相は替え玉であり、本人は既に死亡し……ロシアのスパイである」とのこと。
 いや、だからって、あ奴とイスラエル軍がガザやゴラン高原で現在も続けている、蛮行の数々が許される訣じゃないと思いますけど! むきっ!
 と上下体癖らしく怒り直したところで、ネタニヤフとロシアとの繋がりに戻りましょう。ネタニヤフは総選挙の直前、今月初めにロシアでプチ駆け込み寺したらしいです。
 そしてマラー特別検察官の最終報告書が出るのを待っていたトランプさん、完全に反撃モードに突入しました。イギリスを本気で潰しにかかっており、残りの世界にも被害を与えかねないメーワクな勢いで猛進しているのだとか。
 宣戦布告なのかマフィアちっくな見せしめなのか、MI6長官の息子を暗殺したっぽいっす。G7の諜報機関の長官家族であれば、ちゃんと警護がついている筈なので、不審死の発生は不審です。
 地元警察の発表によると、22歳の息子の死は原因不明だけど疑わしき状況では全くない、とのこと。自動車の衝突事故で死んで、「説明のつかない死」との結論に至るのって私には意味不明なんですが、世間様では普通なんすかね。
 そしてイエメンは、国民の多くが無差別に爆撃され、饑餓やコレラに見舞われ、辛い思いをしています。サウジと米軍が埋蔵石油を盗み、遺蹟をどさくさ紛れにぶっつぶしたり好き勝手に蹂躙するためです。そちらの怪しげな基地爆破は、良いことなのかも……ただし、全ての基地で少年兵が残されていなかったか、ちゃんと確認してからですよね?
 やり口が何ともまあ荒っぽいなーと思います。ここからは個人的な妄想ワールドですが、以前はカバール側の手下だったCIAなどの元悪人派閥がトランプ側に認めてもらおうと、起死回生を懸けて点数稼ぎしているのでしょうか。寝返るのはいいんだけど……もちっと、考えろ?
嗚呼、悲しいではないか!
ばたばたあがいている
2019/04/11 06:11
(以下一部転載)
前米大統領バラク・オバマは金曜日、ベルリンを訪問して彼女のオフィスで私的に会談した。
ドイツ当局はこの会談は慣例であると述べた。
メルケルの報道官は通常のこととして、緊密に良く仕事した前国家元首や政府高官と会っただけだと述べた。
jenny hill
@jennyhillBBC
 Slightly awkward start to what the German press call Theresa May’s ‘begging tour’ Angela Merkel normally waits on red carpet to greet guests on arrival ….not today…
3,719
20:21 – 2019年4月9日
2,633人がこの話題について話しています
Twitter広告の情報とプライバシー
ドイツの新聞が物乞いと呼ぶテレサ・メイのツアーに少し厄介なことが。通常アンゲラ・メルケルはゲストの到着を赤い絨毯の上で待つが、、、今日は違った。
孤独にメイが官邸内に張ったところで、メルケルが慌てて出てきて、外に出て改めて記者撮影を行った茶番。「歓迎しないよ」と言う意思表示なのでしょう。そうしないとEU内で揉めるからね。
メイは一生懸命EU側にお願いしなければならない立場で、しょうがないからやっているだけ。
メルケルにとって、どうでもいいこと。彼女は自分のハエを追うので背一杯よ。むしろオバマとどんな話があったのか、興味ある。
それにしてもバタバタと、世界中に分かっちゃうことをやると言うことはトランプに対する圧力??
圧力にもならないと思うのだが。。。。。
オバマは人身御供にされそうな境遇を助けてくれ、ドイツに匿ってくれと言いに行ったのではないか。トランプがやっていることは米政府内のスパイによって、詳細に分かっているので、何も報告に行く必要はないと思う。
彼は会談は独米関係には関係がないと述べた。
ドイツとは複雑な関係のあるトランプ大統領に対するシグナルかと聞かれて、
彼は「私はそう思われることは全く拒絶する」と報道官は述べた。
会談後、官邸を去るオバマが手を振る。
一方、バール司法長官は
白熱の審議で民主党が取り扱いは受け入れがたいと言っているが、バールは一週間以内のムラー報告書を公開すると述べた。
また、FBIの最初の調査方法を見直していることも明らかにしている。
どんどん、オバマにプレッシャーをかけています。いたたまれないオバマはメルケルに泣きついた。
しかし、彼女も人のどころ話じゃない。
まぁ、オバマに全ての責任を負わせるつもりだろうね。そんなことでは済まないから時間稼ぎ。
必ずクリントンンに迫る。そのうちクリントンがのたうち回るでしょう。
《櫻井ジャーナル》
汚職容疑で起訴される可能性があるネタニヤフがイスラエルの選挙で当選した背景
2019.04.11
(以下一部転載)
 イスラエルの議会選挙が4月9日にあり、120議席のうちベンヤミン・ネタニヤフが率いる「リクード」とベニー・ガンツをリーダーとする「青と白」がそれぞれ35議席を獲得した。ネタニヤフは2016年から汚職容疑で捜査の対象になり、検察当局は今年(2019)年中に起訴すると発表している。そうした状況下であるにもかかわらず、僅差とはいえ、「リクード」は勝利したわけだ。
 ネヤニヤフと緊密な関係にあるシェルドン・アデルソンはアメリカのラス・ベガスとペンシルベニア、東南アジアのマカオとシンガボールでカジノを経営、日本にもカジノを作らせるように要求していた人物で、2016年のアメリカ大統領選挙ではドナルド・トランプに対する最大の寄付者だった。
 トランプ大統領は2017年12月にエルサレムをイスラエルの首都だと認めると宣言、今年3月にはシリア領のゴラン高原における主権を認める時期だと表明しているが、いずれもネタニヤフを支援することが目的だと考える人もいる。
 ネタニヤフは「修正主義シオニズム」の流れ。彼の父、ベンシオン・ネタニヤフは1940年にアメリカへ渡り、「修正主義シオニズム」の祖であるウラジミル・ジャボチンスキーの秘書になるが、その年にジャボチンスキーは死亡する。アブラハム・スターンがテロ組織のレヒ(スターン・ギャング)を創設したのもこの年だ。
 ジャボチンスキー系の人びとは今でも大イスラエル、つまりユーフラテス川とナイル川で挟まれている地域を支配しようとしている。イスラエルではゴラン高原に続いてヨルダン川西岸を併合しようとする動きがあるが、それは序の口にすぎない。​イスラエルの支配地域をイラク、シリア、イラン、レバノン、エジプトに広げると公言している活動家​もいる。サウジアラビアもターゲットに含まれているはずだ。
 ゴラン高原は1967年の第3次中東戦争から占領しつづけているが、この戦争で一気に大イスラエルを実現するつもりだったのかもしれない。その戦争でリンドン・ジョンソン政権は軍事的にもイスラエルを支援していたと言われている。
 それに対し、「リクード」と競り合った「青と白」の中心メンバーは3名の元参謀総長。つまりベニー・ガンツ(2011年から15年)、ガビ・アシュケナージ(07年から11年)、モシェ・ヤーロン(02年から05年)だ。ネタニヤフを含む強引な政策は危険だと考える人物がイスラエル軍の上層部に少なくないのだろう。似たことはアメリカでも見られた。
 妄想の中に生きている文民の軍事強硬派という点でロスチャイルドとの関係が深いネオコンも大差はない。ネオコンは2016年の大統領選挙で戦争ビジネスや巨大金融資本と同じようにヒラリー・クリントンを担いでいたが、そのグループの中心メンバーであるポール・ウォルフォウィッツは国防次官だった1992年2月に国防総省のDPG草案という形で世界制覇プランを作成している。いわゆるウォルフォウィッツ・ドクトリンだ。
 そのドクトリンが作成される直前、1991年12月にソ連が消滅し、ネオコンを含むアメリカ支配層はアメリカが唯一の超大国になったと考え、他国や庶民を無視して行動できる時代になったと思い込んだ。細川護熙政権の国連中心主義に激怒したのはそのためだ。
 その前提が21世紀に入って崩れる。ウラジミル・プーチンをはじめとする勢力がロシアを再独立させたのだ。本来ならウォルフォウィッツ・ドクトリンは見直さなければならないのだが、ネオコンはロシアの再属国化を目論む。大統領選でトランプがロシアとの関係修復を宣言したことを彼らは許せなかった。
 ジャボチンスキー派にしてもネオコンにしても正気とは思えない。そうした正気とは思えない人びとに見切りをつける人が世界的に増え、ロシアや中国の存在感が増している。「右」も「左」もアメリカ信仰を捨てられない日本は危険な状態に陥りつつある。
シャンティ・フーラの時事ブログ
ヨハネの黙示録のヴィジョンは、メタトロン(エノク)が使徒ヨハネに見せたもの ~コブラやフリーメーソンといった連中は自分たちを神に選ばれた御使いだと思い、意図的に地球を破壊している
2019/04/11 10:30 PM
(以下一部転載)
 ヨハネの黙示録のおどろおどろしいヴィジョンは、メタトロン(エノク)が使徒ヨハネに見せたものです。なので、「エノク書」 と雰囲気が似ているのです。ヨハネの黙示録の構成は、ウィキペディアの「ヨハネの黙示録」をご覧になると、わかりやすくまとまっています。
 黙示録には、7つの封印、7つのラッパ、7つの鉢が出て来ます。この連中がいかに殺戮と破壊を好むかは、読めば誰もがわかります。
 記事では、その7つの封印の部分が書かれた第6章のみを取り上げました。第6の封印は、コーリー・グッド氏が言及しているソーラーフラッシュと、その後に続くポールシフトを示唆しているように見えます。今年の1月21日のコブラの「光の帰還瞑想」は、まさに、このポールシフトを人為的に引き起こすための瞑想の呼びかけでした。コブラ自身が、そのことを記事で白状しています。
 “続きはこちらから”をご覧になると、デンバー空港の奇妙なモニュメント「青い馬」の画像があります。このモニュメントが、ヨハネの黙示録で第4の封印を解いた時の「死」をもたらす「青白い馬」を意味していることは明らかでしょう。記事をご覧になると、フリーメーソンが単なる社交クラブではないのがわかると思います。
 要するに、この連中は意図的な地球の破壊を行っているのですが、自分たちは神に選ばれた御使いだと思っているのです。彼らの意図的な地球の破壊は、「大計画」の一部なのです。簡単に言えば、彼らは、ルシファー(サナット・クマーラ)を頭に頂くハイアラーキーのイニシエートたちなのです。連中のやっていることを見れば、彼らが悪の一団だということは一目瞭然です。この連中が、気象兵器やケムトレイル、人工地震、ワクチンによる人口削減などに関与していることは明らかでしょう。
 こうした意図的な地球の破壊を行うためには、大義名分が必要です。人々を騙す最も有効な方法は、カバール(闇の組織)との戦いを演出することです。戦いに勝つためには、聖なる介入が必要だというわけです。そこで現れるのが、球体連合のブルーエイビアンズです。
 こうしたハイアラーキーのシナリオに完全に騙されているのが、コーリー・グッド氏とディビッド・ウィルコック氏です。ただ現在、青い鳥族は球体連合から排除され、新しいガーディアンズに入れ替わっています。また、コーリー・グッド氏が知り合ったマイカに代表される宇宙人たちは、完全に光の勢力です。コーリー・グッド氏は、自分たちが完全に間違っている可能性を認めています。なので、いつかは真相に気づくかもしれません。
 いずれにしても、コーリー・グッド氏とディビッド・ウィルコック氏の情報は極めて重要です。彼らの波動が上がるのを待っているよりありません。
板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」
天皇陛下の側近たちが、新たな肖像画として渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎の3人を奏上して裁可された「最後のリアルカレンシー」新紙幣は、「5年後をメドに発行する」という
19/04/11 07:23
(以下一部転載)
 天皇皇后は4月10日、60回目の結婚記念日をお迎えになり、午前11時から、皇居宮殿「松の間」で、皇太子ご夫妻をはじめとする皇族方や三権の長などから祝賀を受けられた。両陛下は60年前の昭和34年4月10日ご成婚から60年となる「ダイヤモンド婚」にあたる。この前日の9日、政府は偽造防止などを目的に、一万円札、五千円札、千円札の3種類の紙幣のデザインを一新すると正式に発表した。新たな肖像画には一万円札に「近代日本経済の父」と呼ばれる渋沢栄一、五千円札に日本で最初の女子留学生としてアメリカで学んだ津田梅子、千円札に破傷風の治療法を開発した細菌学者の北里柴三郎を使用し、「5年後をめどに発行する方針」という。天皇陛下と小沢一郎代表に委ねられている「MSA資金」運用益の分配(シェア)手続きに携わっている天皇陛下の側近たちが、新たな肖像画として渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎の3人を奏上して裁可されたという。3人のうち、渋沢栄一は、明治天皇とともに、日本の近代化を指導した英国ケンブリッジ派のトップリーダーの1番弟子であったことから選ばれた。「最後のリアルカレンシー」となる。天皇陛下のごく近くにいる吉備太秦は、新たな肖像画選定の裏舞台を以下のように明かしている。
richardkoshimizu’s blog at ameblo
KMR-K氏に返済不要の奨学金とパラリーガル給与が!なぜ、こんな優遇が?皇室テロです。
2019-04-11 08:29:22
(以下一部転載)
KMR-Kは、なぜ、難関の奨学金を再度手に入れたのか?
KMR-Kさんの留学には、ハザール・マフィア残党の支援があると見ます。
「皇位継承者の義理の兄」という重要なポジションに「非日本人」を潜り込ませることで、日本の皇室を破壊したい安倍晋三一味と統一教会朝鮮悪が、KMR-Kによる皇室テロを仕組んだのではないか。
安倍一味の依頼があったから、ハザール残党も協力して、KMR-Kに異例の奨学金給与を強行したのではないか。
この皇室テロ、何としても阻止せねば!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新事実!米ロースクールに留学中の小室圭さん 次年度の奨学金約650万円を獲得していた
4/10(水) 20:51配信
FNN PRIME
「奨学金全額免除」と「弁護士事務からの給与」
現在、ニューヨーク州の弁護士資格を取るため、アメリカ・フォーダム大学のロースクールに留学中の小室圭さんに関して、新たな事実が明らかになった。
ネットゲリラ
認知症議員
 (2019年4月11日 08:03)
(以下一部転載)
桜田大臣がいよいよ辞任に追い込まれた、というんだが、この人、シンキローと同じ、古いタイプの利権政治家で、とてつもなく狭い世界で生きている人なんですね。つうか、世襲の政治家ではないようで、自分が建設会社を経営してます。田舎の土建屋が利権目当てに政治家になって、ギョーカイをウロウロしていたら、気が付いたら大臣にまでなってました、という人だ。
——
2012年の首相の政権復帰以降、閣僚の辞任は8人目。安倍政権では国土交通副大臣だった塚田一郎参院議員が5日に「忖度(そんたく)」発言で辞任したばかり。失言による閣僚・副大臣の相次ぐ辞任は、21日投開票の衆院2補選や統一地方選後半戦を控え、安倍政権への打撃となった。
桜田氏は辞表提出後、「被災者の気持ちを傷つけるような発言をして申し訳ない」と記者団に述べた。首相は「被災地の皆さまに深くおわび申し上げたい。任命責任は私にある」と陳謝。「今後も東北の復興に全力を傾けていく」と強調した。
桜田氏は岩手県出身の高橋氏への支援を呼び掛ける中で「(東日本大震災からの)復興以上に大事なのは高橋さんなので、よろしくどうぞお願いします」と、復興を軽視する発言をした。桜田氏はこの直後、記者団に真意を問われたが、「そんなこと言ったことない。記憶にない」と説明を避けた。
——
とてつもなく狭い視野しか持たない人なので、目の前にいる野党議員の名前も間違えるし、そもそも関心がないんですねw 清和会のグローバル売国奴以外には、こうした利権屋議員しかいないのが自民党ですw

シャンティ・フーラの時事ブログ
山本太郎氏が新党「れいわ新選組」を設立! / 宮本たけし氏を応援する、未来の日本の中核となる人たち 
2019/04/11 9:50 PM
(以下一部転載)
 神社などに代表される聖地に足を踏み入れると、スーッとした心地良い霊気を感じます。霊気=冷気=令(すぐれた)気です。現在、宇宙のセントラルサンのタカキウチュウノヒカリノヒメミコ様と、天の川銀河のセントラルサンのミサキタカクノボルヒメミコ様の御光が降りています。
 「令」の字の成り立ちが、「人がひざまずいて神意を聞く事」を意味しており、天皇陛下は国家国民の安寧を祈り続ける祭祀王であることを考えると、新元号の「令和」は、まさにピッタリだと思います。
 この美しい「令和」を用いた新党を山本太郎氏が設立すると聞いて、“「令和」のイメージが穢れなければよいが”と心配していたのですが、新党の名称が「れいわ新選組」とひらがなであったことにほっとしました。
 「れいわ新選組」が、自民党、維新に代表される売国奴たちを言論という刀でぶったぎるイメージでしょうか。錦の御旗には、しっかりと「肉の御紋」が入っています。
 この動きがどうなるかは、「支援者からの寄付の額」次第です。「反グローバリズム」がわからなくても、「反竹中平蔵」は誰でもわかる。売国政策に反対と言う人は、「れいわ新選組」を応援しましょう。
 “続きはこちらから”は、宮本たけし議員の動きです。ツイートの動画は、ぜひご覧ください。宮本たけし氏を応援する人たちの顔ぶれを見ると、未来の日本の中核となる人たちだと思います。うまくこの動きが育つと、2つのビックウェーブができます。これが最終的に1つにまとまるというシナリオが、ベストですね。
ネットゲリラ
肉球は反アベの象徴
 (2019年4月11日 16:11)
(以下一部転載)
令和がひらがなの「れいわ」になったというのは、まぁ、なるほど、とも思うんだが、新選組の後ろにくっついている肉球は何なんだ? 実は、肉球新党というのがありまして、党員6800人を擁する集団なんだが、基本路線は「反原発」「反アベ」ですw 右に左に気を配った、なかなかカシコイ手口だw これから肉球は反アベの象徴として、アイコン化されるだろう。
——
 「消費税を5%に」。山本太郎議員がこう訴えて署名活動を展開している。署名といっても そんじょそこら の署名とは違う。
 全国に289ある衆院の小選挙区ごとに署名活動を展開するのである。小選挙区はわずか200~300票の差で当落が決まってしまうことが珍しくない。そこに1万筆の署名が持ち込まれれば、爆弾と同じ効果となる。
 野党候補者は「消費税5%」を掲げなくてはならなくなる。掲げなければ1万票は保証の限りでなくなるからだ。
 山本議員は常々言う。「野党が選挙で負け続けてきたのは経済政策が細いからだ」と。まさしくその通りだ。野党が選挙の度に唱えるのはイデオロギーだった。国民は、豊かになる、いや、生活が楽になる道筋(政策)を示してほしいのである。
——
野党にも官僚アガリが多くて、官僚というのは「カネを使うのが手柄」なので、基本的には増税賛成。それだけ使うカネが増える。だから、消費税についても立場が一貫しないし、原発についても、電力関係の労働者を抱えているがゆえに、立場が定まらない。ここで山本太郎が消費税について踏み絵を踏ませるというのは、なかなか鋭いねw
ネットゲリラ
今度は裁判官を外患誘致罪で懲戒請求らしい
(2019年4月11日 18:17)
(以下一部転載)
不当懲戒請求なんだが、33万という判決で、まぁ、これからはコレが相場として定着します。990人のネトウヨが13万通の不当懲戒請求を出しているので、総計で429億w ネトウヨは高くつくねw 新選組肉球にカンパでもした方が利口だw まぁ、余命とやらは北朝鮮の工作員なんですけどねw
—–+
原告私の不当懲戒請求事件、横浜地裁で全額認容(33万)判決です。被告6名。欠席判決は2人で、残りは反論した上での判決。
人生初の(自分の)勝訴判決です。嬉しい!
カンパいただいた皆様、代理人の皆様に感謝。
——
北朝鮮は日本と国交がないので、悪役になったところで何のデメリットもない。チョーセンが~と大声で喚き散らして、韓国を痛めつければ、それで目的は達成される。日本人が韓国を嫌ってくれれば、北朝鮮が相対的に得をするw 従軍慰安婦や徴用工で反日を煽っているのも北朝鮮。オマエらいい加減、目を覚ませw
田中龍作ジャーナル
【大事故の前兆】JR東日本の合理化と労働強化、睡魔でオーバーラン多発
2019年4月11日 20:30  
(以下一部転載)
 乗客乗員107名の命を奪ったJR福知山線の大事故(2005年)が再び起きるのではないか・・・悪夢がJR東日本の乗務員を苛んでいる。合理化による労働強化のため、疲労した運転士が睡魔に襲われながらハンドルを握っているというのだ。
 大事故には前兆がつきものなのだが、それがJR東日本管内で多発している。典型はオーバーランだ。
 ここ一か月で起きたオーバーランは、表に出ただけでも以下の通り。あくまでも氷山の一角だ。
・3月14日 外房線 八積駅 ホームから20m外れた。
・3月19日 成田線 酒々井駅 所定停止位置から220m行き過ぎ。
・3月20日 常磐線「特急ときわ」 日暮里駅 所定停止位置から260m行き過ぎ。
・3月22日 武蔵野線 東松戸駅 所定停止位置から40m行き過ぎ。
 JR東日本の管内では、表に出ただけで一週間に一回以上、オーバーランが起きていることになる。オーバーランは大事故の予兆と言ってもよい。オーバーランを起こした運転士はたいがい「睡魔に襲われた」と打ち明ける。
 福知山線の事故では、列車が直前にオーバーランを起こしていた。
 大事故につながるトラブルが多発する原因は合理化がもたらす乗務員の労働強化だ。3月のダイヤ改正に伴う合理化により東京支社だけで、ちょうど100名の乗務員が削減されたという。
 従業員が削減されれば、一人当たりの作業量は当然増える。わかり易いように山手線の例をとってみよう。
 かつては1人=1日5周だったのが、3月16日のダイヤ改正後は6周となった。乗務員たちは「キツイ」ともらす。
 昨年2月頃からは、詰め所と呼ばれる乗務員たちの休憩室に会社側の監視カメラが置かれるようになった。心身を休める場所なのに、当局から見張られるのである。
 「緊張状態が続くと肝心な時に集中できなくなる」。ベテラン運転士は指摘する。睡魔に加えてストレスにも見舞われるのだ。
 合理化、労働強化に「組合潰し」は避けて通れない。組合潰しが始まる昨年2月以前には4万6千人いた組合員が、現在1万2千人。1年間で4分の1にまで減ったのである。会社側は脱退と主張する。
 会社側はアメと鞭で組合員に脱退を迫った。アメは「脱退すれば転勤の願いをかなえてやる」。鞭は「脱退しないと仕事をつけないぞ」などだ。
JR東日本が社員に提示した「新たなジョブローテーション」。熟練労働のはずの運転士がそうではなくなる。10年未満で担務を転々とすれば職場は素人集団になる。鉄道の歴史始まって以来の改悪だ。
JR東日本が社員に提示した「新たなジョブローテーション」。熟練労働のはずの運転士がそうではなくなる。10年未満で担務を転々とすれば職場は素人集団になる。鉄道の歴史始まって以来の改悪だ。
 アメも甘くはない。昨年11月12日から12月14日までの約1ヵ月間、希望の部署でのインターンシップ研修があった。都内の運輸区に所属していた28歳の車掌(女性)は総務部人事課で研修を受けた。職種がなじまなかったのか。うつ状態となり12月下旬から休職状態となった。
 彼女は今年3月11日、復職を目指して管理職と面談するため運輸区に出社した。管理職2人との面談を終え、車掌の仲間には「復職します」と宣言していた。
 明るく職場の人気者だった彼女は「カナちゃん(仮名)」と呼ばれ職場の人気者だった。元気な様子だったので同僚たちも安心していた。それからわずか2日後、彼女は自宅で死亡した。会社の発表は病死だった。
 「つい2日前まで元気だったのに・・・」誰もが病死の発表に首を傾げた。
 JR東日本では「新たなジョブローテーション」と称して運転士と車掌と駅員の区別をなくす。それぞれまったく別物のスキルだ。乗客数千人の命を預かって黙々と列車を動かす運転士に車内アナウンスの能力など必要ない。
 多種の仕事をこなさなければならなくなると、一つの仕事がおろそかになる。運転士がそうなると、乗客の安全がおろそかになる。危険である。安全性を二の次にした「新たなジョブローテーション」は、来年4月実施予定という。あまりに性急ではないだろうか。
 経営側が英語をまじえたネーミングで職場改革を持ち出してくる時は、必ずといってよいほど、合理化と労働強化が潜む。
 雇用を守らなければ、我々国民の足であるJRの安全性が危うくなる。
ネットゲリラ
リニア工事でサクラエビ不漁
(2019年4月11日 14:22)
(以下一部転載)
サクラエビが不漁なんだが、以前、富士の製紙会社がヘドロ汚水を垂れ流して駿河湾を激しく汚染した事があって、その時には漁師たちが「サクラエビを天然記念物に指定して保護しろ」と運動していたw 言うまでもない、斉藤一族の仕業です。サクラエビを絶滅寸前まで追いやって、儲けたカネでゴッホを買った斉藤の爺さんは、「オレが死んだらこの絵は棺桶に一緒に入れてくれ」と発言して、世間の大批判を浴びた。そんな経緯があって、斉藤一族の末裔、斉藤斗志二はサクラエビを愛する静岡県民から嫌われ、、一生、選挙では細野豪志に勝てなかったw
——
駿河湾でサクラエビの記録的な不漁が続く中、山梨県は静岡県とともに富士川の上流の水の濁りとエビの減少が関係していないか合同で調査することになりました。
駿河湾のサクラエビは静岡県の特産品ですが記録的な不漁が続いていて、先月解禁された春の漁も、エビの群れが少なくわずか1週間ほどで休漁となりました。
静岡県によりますと、駿河湾に流れ込む富士川の中流付近では数年前から水が濁っていて、早川町と身延町を通って富士川に流れ込む早川の濁りが不漁の原因とも指摘されています。
この問題について、10日会見した静岡県の川勝知事は、山梨県と合同で早川の調査を進めることを明らかにしました。
これに先だって、長崎知事も今月2日の定例会見で「上流として富士川の水質には重大な関心を持っている」と述べ、静岡県に協力する考えを示していました。
——
リニア新幹線の工事が原因だという話も出ているんだが、静岡県にとって、リニア新幹線というのは「何もメリットがない」のに、こうして公害だけをもたらす厄介モノなんですね。」だから、事あるごとに川勝知事がクレームを付けるw
シャンティ・フーラの時事ブログ
[In Deep]「1日20分間、自然の中にいる」だけで、ストレスホルモンであるコルチゾールが大幅に減少することが研究で判明。そこから応用できる生活への実践法
2019/04/11 11:00 AM
(以下一部転載)
 体調不良の時は、医者にかかる前にまず裸足になって地面に立ってみる(アーシング)と良いかもしれません!という記事を以前に書いたindeepさんが、今回は、「自然の中に20分いるだけで、ストレスホルモンが減少することがわかった」と紹介されています。
 「自然の中で過すと癒される」という一種当たり前のように言われていることが、コルチゾールというホルモンの分泌量という具体的な数値が減少することで示されるようです。
 さらに、indeepさんは自分の家の植物に毎日触れるようにしたところ、アブラムシ等がつくことがなくなり、美しく育つようになった!とのこと。このことから、毎日、自然の中に行くということが簡単にかなわない環境であるとしても、「自然のものとふれること」自体が、十分に私たちのストレスホルモンを減少してくれるのではないかと推測されています。
 麗しく、そしてれいわな自然賛歌ですね♪早速裸足になり、咲き誇る石楠花やチューリップにご挨拶して、そっとふれてみました。


Source: 世間虚仮 http://sekenkoke.ldblog.jp/