2019.4.14 【書籍紹介】 – 金融再起動 旧体制の崩壊から世界大革命へ ベ ンジャミン・フルフォード、他4作品

金融再起動 旧体制の崩壊から世界大革命へ
ベンジャミン・フルフォード
出版社 秀和システム
発売日 2019/4/26
内容紹介
かつて、ネイサン・ロスチャイルドは言ったという。「街のあちこちで、通りが血に染まっている、この時こそ、空前未曾有の大チャンスなのだ」と―― 
今、我々は、後世、歴史の教科書に、「あの時、人類の未来が変わった」と必ず書かれることになる“大変革”の最中にいる。石油ドル体制の維持か、新たな金融システムか。現在、新旧両勢力の間、東西両陣営の間で、世界的規模で繰り広げられている、次の世界覇権をめぐる壮絶な闘いの、知られざる真実を暴露する衝撃の金融評論。 
《章目次》 
第1章 堕ちた平成の巨星――カルロス・ゴーン逮捕とソフトバンク孫正義の凋落 
第2章 激動する世界、失墜する旧世代の権力者たち――「革命」は血を求める 
第3章 裏切りのトランプ大統領――「革命」は一進一退する 
第4章 世界を「地獄」に変えた狂気の支配システム――クリミナナル・ディープ・ステイトの正体 
第5章 語られざる「ナチス」アメリカの誕生――そして「革命」は始まり、世界は「浄化」の炎に包まれた 
第6章 カオス化する国際情勢――東西の枠組みをめぐる「主導権」争いの勃発 
第7章 金融再起動「Global Financial Reset」――石油ドル体制の崩壊と再生

金融再起動 旧体制の崩壊から世界大革命へ

魔王、死す!
船瀬 俊介
出版社 ビジネス社
発売日 2018/3/24
内容紹介
D・ロックフェラー亡き後の激変に一番気付いていない日本のリーダーたち。 
彼らに目覚めさせないと、日本は奈落の底へ真っ逆さま! 
エネルギー、金融、食品、メディア、医療、戦争、国家・・・・・・ 
すべてを意のままにした世界皇帝の封印解除! 
―――――――――――――――――――――――
近代史の闇が暴かれ、世界支配システムが大崩壊! ! 
そして”禁断の産業革命”が、いま始まる
――――――――――――――――――――――――― 
【ロックフェラーによる“7つ”の支配】 
1、 国家「国家を動かすフリーメイソンの頂点に我々がいる」 
2、 石油エネルギー「石油利権を持つ我々の邪魔はさせない。石油と原子力エネルギー以外は認めない。許されない」 
3、 メディア・教育「世界三大通信社の大株主としての権力行使」 
4、 医療「ミリグラム単位の石油を“薬”として高額で販売」 
5、 戦争「武器の在庫を一掃するには戦争が一番」 
6、 金融「通貨発行権をもつ中央銀行を簒奪」 
7、 食品「食品医薬品局(FDA)の長官を務めるモンサント社を支配するロックフェラー」 
◇トップに君臨していたディビッド・ロックフェラー亡き今、世界は劇的に変化する! ◇ 
○本書が予言する恐るべき未来の透視図! 
第1章 戦慄! この悪行の数々を見よ! “地球皇帝”ロックフェラーが死亡 
第2章 ヒラリー逮捕! マケイン拘束! 旧勢力は一掃される 
第3章 EU反米、中露接近、北朝鮮暴走・・・? 世界勢力図は激変 
第4章 地球からガソリン車が消える! EV革命の衝撃波 
第5章 石油が終わる! アラブ諸国も緑の技術を求める 
第6章 コンクリート都市の終焉 世界は急速に「木造都市」へ 
第7章 ノーベル平和賞に反核団体ICAN受賞の意味とは? 
第8章 医療大崩壊! 薬物療法から断食・波動医学の夜明け 
第9章 石油・原発からクリーン・エネルギーへ 
第10章 近代史の闇が暴かれ、フリーメイソンの悪事露見! 
第11章 ビットコインは金融支配に蟻の一穴か? 
第12章 “燃える水”“フリーエネルギー”。ネオ技術が解禁される 
第13章 新世界秩序(NWO)、「人類家畜化」計画は二極化する 

魔王、死す!

響きわたるシベリア杉 (響きわたるシベリア杉 シリーズ2) アナスタシア第2巻 (響きわたるシベリア杉シリーズ)
ウラジーミル・メグレ 他2名
出版社 ナチュラルスピリット
発売日 2013/8/23
内容紹介
「アナスタシア」の第2巻! 
シベリアの奥地に住む美女アナスタシアが、
よりよき地球になるように、宇宙法則から創出したものとは?
1巻に書かなかったタイガでのエピソードも綴られた、待望のシリーズ第2作! 
ウラジーミル・メグレはアナスタシアと別れた後、ビジネスに失敗、 
起業家協会立ち上げも頓挫してしまう。 
そんな自殺寸前だったメグレの前に、元KGBのホームレスあらわれます。 
彼の死を契機に、メグレは本を書く決意を固め、 
一気呵成に原稿を書き上げ自費出版する。 
初版が完売した頃、メグレの耳にアナスタシアの声が聞こえるようになる。 
そして、モスクワで再会したアナスタシアの祖父から、さらに不可思議な話を聞く・・・。 
本国ロシアでの『アナスタシア』刊行後の反響―アナスタシアとは何者なのか― 
「本を読んだ人々に聞きなさい。それは彼らの中にある。 
彼女は多くの人々の中に光の思いを呼び起こした。 
アナスタシアはこれを自分のサイン、 
つまり文字の組み合わせを使って行なった。 
信じたがたいことだが、それが機能したのだ」 
(本書より。アナスタシアの祖父の言葉) 
目次 
宇宙人なのか、人間なのか 
マネー・メーキング・マシーン 
癒いやしが苦痛をもたらすとき 
プライベートな対話 
桜の木 
誰の責任? 
答え 
ダーチュニクと全地球の日 
響きわたるバードの剣 
方向転換 
ロシア起業家協会 
自殺に向かって 
響きわたるシベリア杉 
なぜだろう? 
フェオドリ神父 
愛の次元空間 
アナスタシアの祖父 
超常現象 
仮装の人々 
なぜ神は誰にも見えないのか? 
ロシアの夜明け 
杉の木から癒しのオイルを抽出する方法 
アナスタシアはアナスタシアだけのもの 
聖なる地、ロシア!

響きわたるシベリア杉 (響きわたるシベリア杉 シリーズ2) アナスタシア第2巻 (響きわたるシベリア杉シリーズ)

ザ・フナイ vol.139
(発行)船井本社
出版社 ビジネス社
発売日 2019/4/2
内容紹介
【特集】 
さらば平成! 世界は大転換を迎える 
1 鈴木邦男(すずき・くにお)(作家、一水会名誉顧問)&舩井勝仁(ふない・かつひと)
「天皇リベラリズムが世界を平和にする」 
2 赤塚高仁(あかつか・こうじ)(ヤマト・ユダヤ友好協会会長、赤塚建設株式会社代表取締役)&片桐勇治(かたぎり・ゆうじ)(政治評論家、国際政治アナリスト)舩井勝仁(ふない・かつひと)
「現代ユダヤ人と日本人論」 
【連載】 
副島隆彦 
評論家、副島国家戦略研究所<SNSI>主宰 
連載テーマ「誰も書かない世の中の裏側」 
今月号タイトル:〈最新の金融予測〉債券危機から世界恐慌へ 
古歩道ベンジャミン 
フリージャーナリスト 
連載テーマ「新しい時代への突入」 
今月号タイトル:限界が見えたトランプ政権と加速する「世界政府構築」への動き 
船瀬俊介 
地球環境評論家 
連載テーマ「マスコミのタブー200連発」 
今月号タイトル:牛乳、35ものワナ……発ガンから犯罪まで 
飛鳥昭雄 
サイエンスエンターテイナー 
連載テーマ「情報最前線――未来への指針」 
今月号タイトル:GHQを引き継いだCIAの「在日による大和民族分断プロジェクト」! ! 特別編シリーズ2 
安西正鷹 
『みち』論説委員 
連載テーマ「お金の謎に迫る」 
今月号タイトル:時間とお金の関係を読み解く(4) 
片桐勇治 
政治評論家 国際政治アナリスト 
連載テーマ「日本と世界を読み解く」 
今月号タイトル:時代を動かす本源――構造と歴史の特異点29 
渋澤健 
コモンズ投信株式会社会長 
連載テーマ「変化を捉える価値視点」 
今月号タイトル:社会を良くするファンド 
金原博昭 
オリオン形而上学研究所 代表 
今月号タイトル:エジプトの謎 第一のトンネル《その12》 
佳川奈未 
作家、作曲家 
今月号タイトル:ここから復活! 
今月号の見どころを、一部ご紹介 
巻頭対談 
鈴木邦男×舩井勝仁 
「天皇リベラリズム」が世界を平和にする 
鈴木 
学生時代も、その後右翼になってからもずっと「日本国憲法は諸悪の根源」と公言していました。 
日本が貧しいのも、日本が独立できないのも、すべては憲法が悪い。憲法さえ変わればすべてが良くなる、と思っていました。 
舩井 
ところが、最近のご著書では「憲法は変えるべきではないと思う」という立場でいらっしゃいます。どういうところからお考えが変化したのか教えてください。 
鈴木 
右も左も、思想運動というか社会運動をする方たちというのは、目標を一つにして戦おうとしますが、愛とか平和ではなく、「敵はこいつだ! 」「こいつを倒せば世の中は良くなる! 」と、「憎しみ」で煽り立てるのが常套手段です。 
そういう点で、憲法改正は非常にやりやすいテーマだったのです。 
「(日本国憲法は)アメリカから与えられたもので、これは許せない。これさえ変えたら日本はすべて良くなる」と、活動していたのです。 
それでも人間というのは、同じ考えで同じ理想に燃えているはずなのに、話し合えない人もいるのです。 
ろくでもないやつもいます。裏切られたこともありました。 
巻頭鼎談 
赤塚高仁×片桐勇治×舩井勝仁 
現代ユダヤ人と日本人論 
赤塚 
ただ、イスラエルの根っこはユダヤ教で、彼らの信仰は何一つ、1ミリもブレていないなと感じたことがありました。 
写真撮影などは一切禁止の、第三神殿の神殿博物館が「嘆きの壁」のすぐ近くにあるのです。 
そこには第三神殿の模型や完成図などが展示されていたのですが、黄金の屋根の「岩のドーム」は破壊されることが前提で計画がなされているのです。 
共有や共存はまったく考えていないのだなと感じました。 
ですが、やはりどこかで折り合いをつけていかなくてはいけないと思います。 
私たち日本人は、天皇陛下が第一であるとか、何かが絶対に正しいという以前に「和を以て貴しとなす」文化です。 
これが十七条憲法の第一条に記されています。 
「五箇条の御誓文」にしても、「広く会議を興し、万機公論に決すべし」とあり、誰が一番なのか、何が正しいのかを問う以前に、皆で分かちあってうまくやろうよというのが一番にある民族なので、世界の手本になれると思うのです。 
片桐 
それは私も同じ気持ちです。和して同ぜずです。 
ユダヤ人と日本人ではさまざまな面で真逆なのですが、だからこそ、お互いに学ぶ価値があるのです。

ザ・フナイ vol.139

 

anemone(アネモネ)2019年5月号
anemone編集部
出版社: ビオ・マガジン
発売日: 2019/4/9
内容紹介
●5月号スペシャル付録
竜体文字メッセンジャー・亜久さんと竜体文字アーティスト・安保多勝司さんが
宇宙からダウンロードした
『観るだけで“気の乱れ”が整う竜体フトマニカード』
16︱︱特集
古代スメラミコトが神々から教わった秘法で、神の遺伝子が発動する!
光の時代を開く、神国日本の叡智
18︱︱Introduction
神代文字は、スメラミコトが作った“光の文字”
古文献研究家 増川いづみさん
22︱︱全国各地で発見された神代文字から、世界の“元つ国”日本のルーツをたどる
日本地図で見る、神代文字と古文書
Part 1
神代文字のいろいろ
~神界、霊界、異界、宇宙とつながる文字たち~
24︱︱観て、読んで、古代文字のエネルギーを感じる
神代文字大全
神道霊学家 武田崇元さん
30︱︱万物を光化する言霊の叡知
神代文字は、八百万の神々と同じ働きをする「お守り」と「お札」のルーツ
皇祖皇太神宮第68代管長 竹内康裕さん
Part 2
神代文字で癒し&覚醒
~心・体・魂が喜ぶ古代の叡知を活かす方法~
32︱︱不調和を調和に変えて、純粋意識を取り戻す
神さまとの共鳴共振で光に戻る“書の神事”
前衛書家 山本光輝さん
35︱︱目醒めて生きていた古代カタカムナ人の叡知
読むだけで高次元空間の扉が開き、病も治療する立体文字
医学博士 丸山修寛さん
38︱︱文字と渦のエネルギーによるデトックス効果で健康に
古代人から託された「予防医学」を世界に広げる
古代文字気功治療師 片野貴夫さん
41︱︱何億年も昔から存在する宇宙のエネルギー言語
魂と体をつなぐ“秘孔”に氣を入れ神さまとつながる
竜体文字メッセンジャー 亜久さん&竜体文字アーティスト 安保多勝司さん
Part 3
超古代の記憶「竹内文書」を解き明かす
~天皇がスメラミコトに戻り、地球が再統一される日~
44︱︱世界の文明は、日本から発祥した
48︱︱竹内文書が世に出るまでの秘話と舞台裏を大公開!
眠れる魂と遺伝子を呼び覚ます世界の竹内文書
竹内文書研究家 三和導代さん
52︱︱スメラミコトが神々から教わった叡知を現代に活かす
皇祖皇大神宮に伝わる古神道の源流、霊験あらたかな「神秘秘伝の術事」
皇祖皇太神宮第68代管長 竹内康裕さん
54︱︱日本の国体を守る南朝天皇家は、いまも存続する!
神秘の現人神、「武内宿禰」の不老不死の謎とその使命
第73世武内宿禰 竹内睦泰さん
56︱︱夜明けの晩に現れる、最後の“トリ”とは?!
竹内巨麿の背後に“八咫烏”あり!
明かされる「竹内文書」の真相と地球の未来
スピリチュアルサイエンティスト 飛鳥昭雄さん
Part 4
縄文弥生の叙事詩「ホツマツタヱ」からひも解く
~神々に感謝の祈りを捧げる日本の歳時~
60︱︱地球を“生命の星”にした神のみわざと縄文人の宇宙観
ホツマツタヱ現代訳者 今村聰夫さん
63︱︱季節と歳時を作った神々たち
64︱︱季節ごとの歳時の由縁~八元神の役割~
8︱︱巻頭スペシャルリポート
ヒマラヤ大聖者 ヨグマタ相川圭子 in クンム・メラ2019
源への帰還、神我一如の 境地へ――
~輪廻転生から卒業するための聖なる祭典~
ヒマラヤ大聖者 相川圭子さん
特別企画
70︱︱自分の居場所をパワースポットにする
魂の進化を促し運気が上がる生体活性化空間
建築家 前田 勇さん
77︱︱肉体からエネルギーボディまで、深く癒して目醒めへと導く
花と宝石の精霊が働きかける
神秘のエッセンス「ゼリツィン®︎エリクサー」
ゼリツィン®︎エリクサー・ジャパン代表 渡邊千春さん 同アドバイザー 岡安美智子さん
82︱︱楽しく自由に、愛そのものになる
イルカに導かれて悟りの意識で新時代を生きる
Dolphinist Academy主宰 ドルフィニスト 篤&綾子さん
●好評連載
5︱︱映像作家 ほおじろえいいちさん
花の精から目覚めの言伝
第15回「藤」
7︱︱スピリチュアル料理研究家 タド・ジュンコさん
幸運が舞い込む女神レシピ
第16回「自然な上昇を応援する夏蜜柑とソイミートのマリネ」
69︱︱光次元の仲間たちが語る銀河の今昔物語
龍依さんのステラノート
第9回「リラの王女が奏でる竹内文書の叙事詩」
101︱︱セドナ・アセンション・ウェイブ
最終回 「アネモネ読者がアセンション成功へと導く」
インディゴビーム・ヒーラー チーさん
102︱︱悟りへの正体 〜マインドフルネスを超えて〜
ニルヴァーナ ストーン代表 三枝英彦さん
VOL.5 「クンダリーニと恩寵の併用」
103︱︱5次元のユートピアをこの地球に 零のはこぶね
はこぶね組合代表 坂の上零さん
VOL.2 「5次元コミュニティいよいよ始動!!」

anemone(アネモネ)2019年5月号


Source: 世間虚仮 http://sekenkoke.ldblog.jp/