不老不死の ソマチットを活性化する地球上で非常に多い鉱物:ケイ素(シリカ・シリコン・テラヘルツ鉱石)の正体

ケイ素(シリカ・シリコン・テラヘルツ鉱石)の正体

ケイ素
74

珪素・硅素・シリコン・シリカ・テラヘルツ鉱石は、原子番号 14 の元素である。元素記号は Si。
原子量は 28.1。地球の主要な構成元素のひとつ。半導体部品は非常に重要な用途である。

地殻中に大量に存在するため鉱物の構成要素として重要であり、ケイ酸塩鉱物として
大きなグループを形成している。
これには Si-O-Si 結合の多様性を反映したさまざまな鉱物が含まれている。
しかしながら生物とのかかわりは薄く、知られているのは、放散虫・珪藻・シダ植物・イネ科植物
などにおいて二酸化ケイ素のかたちでの骨格への利用に留まる。
栄養素としての必要性はあまり判っていない。
炭素とケイ素との化学的な類似から、SF などではケイ素を主要な構成物質とする
ケイ素生物が想定される事がある。

ソマチットを活性化する テラヘルツ鉱石300250病気とソマチットとテラヘルツ摂食障害・サプリ250

バンドギャップが常温付近で利用するために適当な大きさであること、ホウ素やリンなどの
不純物を微量添加させることにより、p型半導体、n型半導体のいずれにもなることなどから
電子工学上重要な元素である。
半導体部品として利用するためには高純度である必要があり、このため精製技術が
盛んに研究されてきた。
現在、ケイ素は99.9999999999999 % (15N[5]) まで純度を高められる。
また、Si(111) 基板はAFMやSTMの標準試料としてよく用いられる。
(提供:ウィキペディア)

ケイ素は太古の樹木の化石
この地球に山や森は存在しない 前編 ※六方石(柱状節理)の正体
という衝撃の動画(下記)を是非ご覧ください

ケイ素(シリカ・シリコン)が何であるかわかります
b47ea7bf

予告編をUPしておきます

◆『この地球に山や森は存在しない』 (予告編)

世界の有名な切り株と折れた幹をご覧ください
22aacaca7531ccb4ff14dd9d2c767ec40afdb73ed560463e7509f982 (1)

b8ea46cf50c025e2f1cfdd17f059e0275e50095e7c34a1d687be54f0

0a4d13bf

ソマチットの体内は水とケイ素が主成分
ソマチットは死ぬことがないため化石化した生物から採取できる
古代の恐竜の化石からでも動植物の化石であればソマチットが含まれる
中でもケイ素が水晶よりソマチットと反応するのはソマチットの成分が水とケイ素だからだ
そんな水晶もケイ素ももとは植物だった
ソマチットと血の記憶 ※DNAは「思い」で変化する250

昔から水晶が健康にいいと言われてきた所以だ
最近はソマチットの存在が明らかになり安価で大量に採掘できるケイ素に軍配があがった
ネックレスやブレスレットを装着することも推奨されているが
だったら体内にソマチットサプリと共に摂取すれば更に効果的だろう
ケイ素水とサプリの中からEarthChecKingが選び抜いたものをUPしておく

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

阿蘇くじゅうの水 国産天然炭酸水 純 1本485ml(24本入) 天然 シリカ水…
価格:4752円(税込、送料無料) (2018/1/23時点)


現在パウシリカとケイ素水を試している最中なので経過を後日お知らせしたい
※下記のテラヘルツ鉱石さざれ石入りマットも愛用しているので併せてお知らせする

                          ブログランキング・にほんブログ村へ 

【丸玉10mm】[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

       【丸玉6mm】

//<![CDATA[
(function(d){
if(typeof(window.NINJA_CO_JP_ONETAG_BUTTON_16d9eef2020b5b38a4f690f58be42ef9)=='undefined'){
document.write("”);
}else{
window.NINJA_CO_JP_ONETAG_BUTTON_16d9eef2020b5b38a4f690f58be42ef9.ONETAGButton_Load();}
})(document);
//]] >
<$ArticlePermalink$><$ArticleTitle ESCAPE$>


Source: 世界の真実や報道されないニュースを探る ■地球なんでも鑑定団■ http://check.weblog.to/